文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

楽しむ・学ぶ

茨城廃寺跡

講堂・塔(昭和55年度発掘)

画像:茨城廃寺跡01

区画溝の北東コーナー部分(平成23年度発掘)

画像:茨城廃寺跡02

茨城廃寺跡は、昭和54年~56年に発掘調査が行われ(第1次~3次)、7世紀後半に建てられた「初期寺院」であることがわかりました。
また、「茨木寺」「茨寺」と書かれた土器が出土していることから、古代茨城郡の「郡寺」と考えられています。
そのほかにも和同開珎や仏像が描かれた瓦などが出土していますが、その一部は石岡市民俗資料館や常陸風土記の丘にて展示しています。

石岡市教育委員会では、遺跡の範囲や内容を確認するための発掘調査を平成23年度より開始しています。

第4次調査現地説明会資料(PDF形式)

ファイル名 形式 ファイルサイズ
第4次調査現地説明会資料 画像: 1.6MB

Adobe readerダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(外部へリンクします)が必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Reader(外部へリンクします)をダウンロード(無料)してください。

地図を見る:茨城廃寺跡

※別ウィンドウで地図が表示されます。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る