文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

楽しむ・学ぶ

常陸国分寺跡

塔の礎石

画像:常陸国分寺跡01画像:常陸国分寺跡02

天平13年(741)、聖武天皇は、五穀豊穣・国土安穏を願い、68の国ごとに国分寺・国分尼寺を建てるよう命じました。当時は疫病も流行しており、仏の力を借りることで国を安定させようと考えたのです。

石岡市にある常陸国分寺は、発掘調査を行った結果、中門・金堂・講堂が一直線に並び、中門から金堂にかけて回廊が巡ることが分かりました。また、境内内には塔跡のものと思われる礎石(心礎)があります。塔の正確な位置はまだ判明していませんが、伽藍の東側に「ガラミドウ」という地名があり、関係が注目されています。

地図を見る:常陸国分寺跡

※別ウィンドウで地図が表示されます。

施設:常陸国分寺跡
石岡市府中5-1-5

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る