文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 楽しむ・学ぶ>
  3. 歴史・文化>
  4. 文化財の紹介>
  5. 市指定文化財>
  6. 染谷十二座神楽(猿田彦の面外26)

楽しむ・学ぶ

染谷十二座神楽(猿田彦の面外26)

画像:染谷十二座神楽(猿田彦の面外26)01画像:染谷十二座神楽(猿田彦の面外26)02

染谷十二座神楽は,染谷佐志能神社で毎年4月19日の例祭日に奉納される里神楽です。その起源については,はっきりしたことはわかっていませんが,約300~400年前から続けられているといわれます。

神楽には,多数の面が使用されますが,そのうち,餅まきの鬼の面は,昔からのもののようです。

このような里神楽は,古くから関東地方に盛行し,十二座・十八座・二十五座などがありましたが,現在石岡地区に残っているのは,染谷十二座神楽だけです。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る