文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

楽しむ・学ぶ

丸山古墳

丸山古墳

画像:丸山古墳

高友古塁

画像:丸山古墳02

丸山古墳は、石岡市柿岡の高友丘陵の中央に存在する古墳で、全国でも珍しい「前方後方墳(ぜんぽうこうほうふん)」という形をしています。

昭和27年(1952)に発掘調査が行われ、鏡や剣、槍、刀、玉と豊富な副葬品が発見されました。造られたのは古墳時代前期(およそ1700~1600年前)で、この地域を治めた一番初めの王の墓にあたります。

丸山古墳が存在する台地は「高友古塁」という中世の砦も存在しています。残念ながら城主の名前などは残っていませんが、丸山古墳に登っていくと、右の写真のように、断面が「V」字型の堀が見事に残っているのが分かります。丸山古墳を囲うように堀を巡らせていることから、物見櫓として古墳を利用していたのかもしれません。

地図を見る:丸山古墳

※別ウィンドウで地図が表示されます。

石岡市柿岡

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る