文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

楽しむ・学ぶ

丸山古墳出土遺物一括

丸山古墳は石岡市柿岡の高友丘陵に存在する古墳です。

昭和27年(1952)に発掘調査が行われ、鏡や剣、槍、刀、鏃、玉など豊富な副葬品が発見されました。現在、これらのうち、剣や槍、鏃は、石岡市中央公民館にて展示しています。

画像:鏡

径8cm余りの小さな鏡です。鏡の裏面の模様から、中国の鏡を参考に(倣(なら)って)日本で作られた「倣製(ぼうせい)鏡(きょう)」と呼ばれるものと考えられています。

鉄槍

画像:鉄槍

柄の部分と槍本体とは、非常に複雑な技法で装着されています。その技法は奈良県で出土しているものとよく似ており、奈良県で作られたと考えられています。

銅鏃

画像:銅鏃

銅で作られた鏃(やじり)です。当時はすでに硬質な鉄が普及していたにもかかわらず、あえて比較的軟質な銅で作成されていることから、実用品というよりは鏡と同様、宝器として扱われたと考えられています。

勾玉

画像:勾玉

硬玉・蛇紋岩・碧玉・メノウ・ヒスイなど様々な原料から作られており、中には出雲産の石材も含まれているようです。畿内の中央政権が各地の豪族に作らせて、それをまた下賜したため、このような各地の石材が丸山古墳に来ているのかもしれません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る