文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 楽しむ・学ぶ>
  3. 歴史・文化>
  4. 文化財の紹介>
  5. 市指定文化財>
  6. 中町の山車人形「日本武尊」1体

楽しむ・学ぶ

中町の山車人形「日本武尊」1体

画像:中町の山車人形「日本武尊」1体

明治時代の中頃,江戸の人形師・三代目原舟月(文政9年(1826)~明治32年(1899))により作成されたものです。

人形のほかには竜・瑞雲を金糸で刺繍した衣装,錦の御旗が保存されています。また,人形の首の芯木には「三代目原舟月作」という銘があります。

三代目原舟月は幕末・明治期の代表的な人形師であり,現存する作品は名品揃いと言われています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る