文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

楽しむ・学ぶ

経筒 石櫃付

経筒と石櫃

画像:経筒と石櫃

経筒

画像:経筒

石岡市の嘉良寿理(ギター文化館前)から出土したもので、現在は石岡市中央公民館にて展示しています。
これらは、花崗岩製の石櫃(いしびつ)の中に経典を入れた筒を収め、塚を築いて埋納したものと思われます。
経筒を埋める風習は平安時代以降に盛んに行われました。これは釈迦が亡くなると仏法が徐々に滅んでいき、やがて、仏法が及ばなくなる末法の時代を迎えるという末法思想によるものです。つまり、経典を地中に埋めておくことで、経典を保存しておこうとしたわけです。

嘉良寿理出土のものは、筒の表面に「大永3年(1523)、甲州高屋住道善 小聖善貞」と刻まれており、現在の山梨県に住んでいた道善らが納めたことがわかります。

地図を見る:経筒 石櫃付

※別ウィンドウで地図が表示されます。

〒315-0116
石岡市柿岡5680-1

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る