文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

楽しむ・学ぶ

宝篋印塔

画像:宝篋印塔01画像:宝篋印塔02

宝篋印塔(ほうきょういんとう)は鎌倉時代以降盛んに作られる供養塔です。

石岡市半田にあるものは総高1.5mで花崗岩製です。下から基礎部,塔身部,笠部,相輪部と4段で構成されています。特に笠部の形が大きく,四隅の飾り突起が蕨手状(こぶし形)をしており,この地方独特の形態をしています。

このような特徴から筑波山周辺域における保存度の良い貴重な宝篋印塔の一つにあげられています。

地図を見る:宝篋印塔

※別ウィンドウで地図が表示されます。

石岡市半田1330

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る