文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 石岡めぐり>
  3. おまつり>
  4. 柿岡館「獅子舞」

柿岡館「獅子舞」

  • 画像:柿岡館「獅子舞」001
  • 画像:柿岡館「獅子舞」002
  • 画像:柿岡館「獅子舞」003
  • 画像:柿岡館「獅子舞」004
  • 画像:柿岡館「獅子舞」005

上記写真をクリックすると拡大写真でご覧いただけます


お祭りでは市指定無形民俗文化財の「館獅子」が神輿の露払いを行います。
館獅子は、昔から館一番といわれ、今から約470余年、大永8年(1528)頃から、諏訪神社に伝わる一頭獅子舞です。
獅子頭は、張り子で造られ漆で赤く塗りかためられており、多くの長い髭をつけ、 顔幅が75cm、重量20kg程の勇壮なものです。
その獅子頭 には、5m程の木竹縄で編んだ胴体に衣を着せて祇園祭 当日、御輿の露払いとして町内を練り歩きます。
この祇園祭には、獅子の後に竹に紙花を付けた幅14尺にもなる3段(14尺、10尺、6尺)のほろが子供達にかつがれます。


市指定文化財 無形民俗文化財
指定年月日 平成8年3月31日
所在地 石岡市柿岡
管理者 獅子保存会

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光課です。

八郷総合支所 1階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表) ファックス番号:0299-43-6384

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る