石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

龍神山

画像:画像:龍神山


 石岡駅の西方約5キロメートル,筑波山に連なる山々の東端に位置する山である。山麓には旧石器時代から奈良時代にわたって人々が生活していたと考えられる宮平遺跡が広がっている。
 山には清水の湧く泉があり,豊富な水を蓄えていたので,周辺の人たちに親しまれ,崇められてきた。山には龍(男龍・女龍)が住み,その龍神のなせるわざと考えられ,村上地区と染谷地区にそれぞれ佐志能神社が建立されている。村上佐志能神社の境内に「御神水」があり,昔ほどではないが今でも水が湧き出ている。

場所 村上外

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る