石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

坂入家住宅

画像:坂入家住宅-歴史と記憶

画像:坂入家2  画像:坂入家葺替1


 坂入家住宅は石岡市の南西部の辻集落に位置する。山林を背後にした小高い丘の南面に建ち,北と西側は竹林で囲われている。敷地の中央に主屋,南東の隅に蔵,西側にマデヤ,北西に木小屋が配置され,東側に池のある庭園が設けられている。主屋は間口11間半,奥行5間の茅葺き屋根で,藁の上に新しい茅と古い茅を交互に葺いて一層一層を刈り込み,美しい縞模様を見せる「トオシモノ」と呼ばれる軒付けは見応えがある。

 この地域の大規模な農家の間取りと茅葺き屋根の特徴よく伝える民家として,平成22年に国の登録文化財になっている。

場所 辻字山下179番地

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る