石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

大場家住宅

画像:大場家住宅-歴史と記憶

 佐久の大杉に近いぶどう棚の奥に,茅葺きの主屋が望める。ぶどう棚をくぐって屋敷内に入ると,主屋の右手前には車庫,蔵,コエゴヤ,納屋などの付属小屋が建ち,主屋から前庭に面して書院と蔵,さらに奥に隠居が配置されている。出桁で深く出された軒を持つ大きな茅葺き屋根は,トオシモノ4本の軒付け,竹簀巻きのぐしには,シュロでちょんまげ,あるいは大名ぐしと呼ばれる装飾が施され,西には,たこどめと呼ばれるキリトビに寿の文字,東側には竹の小口によって松竹梅の見事な装飾が施されている。
 主屋は,平成17年度に国の登録文化財となり,農業を基盤とした地域色のある景観の中に,歴史ある屋敷構えを見せ続ける茅葺き民家である。

 

場所 佐久258番地

地図を見る:大場家住宅

※別ウィンドウで地図が表示されます。

石岡市佐久258

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る