石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

片野城址

画像:片野城址

八郷地区根小屋の中世の平山城である。主郭(本丸)は3mに及ぶ土塁に囲まれており,そこを中心として曲輪が南北600m以上にも連なる巨大な様相を残している。城内には堀や城の出入口で戦争時には激戦区となる虎口,城内から打って出るときに馬や兵を集合させる馬出しと思われる遺構も存在する。

城主で最も著名なのは太田資正であろう。県指定文化財の八幡神社「排禍ばやし」や市指定文化財の七代天神社「代々神楽」を奉納したのも彼といわれている。

場所 根小屋字城の内452番地外

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る