石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

筑波山碑

画像:筑波山碑

高さ約2m,幅約1.5mの御影石の表面に,縦1.2m,横0.8mの青銅板が納められている。青銅板には,およそ千文字におよぶ漢文が刻まれており「筑波山には奇岩や巨岩があり,川や滝があり,関東有数の名山である」と礼賛されており,末尾には「安永8年(1779)巳亥夏五月守山藩士戸崎允明撰片野村綿引秀親建」とある。

伝承によると,允明の名文に感動した片野村の庄屋綿引秀親が,筑波山頂にこの碑を建立しようと計画したところ,「筑波山そのものが御神体であり,碑の建立とは恐れ多いことである」とする意見があり,また筑波山頂までこの石碑の運搬は困難との判断し,筑波山麓の宝薗寺境内に建立されたと伝えられている。

場所 小幡1342番地

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る