石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

八木の干拓

画像:八木の干拓

大正8年,政府は耕地整理法の実施面の強化,特に開墾事業を資金的に補強する目的で,「開墾助成法」を制定した。この頃は人口増加に伴う米価の急騰を背景とする食料増産の声が高まり,それに応じた高浜の醤油醸造業者,羽成卯兵衛と真壁町(現桜川市)の猪瀬蔵太郎が,大正9年,関川村地先の霞ヶ浦公有水面実測64haの埋立免許を取得し,霞耕地整理地区として共同執行による干拓工事に着手したことに始まる。
大水による堤防の決壊を重ね,工事も困難を重ねたが,現在は約60haの水田が出来上がり,稲作とハス田が実現している。

場所 井関

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る