石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

景清塚

画像:景清塚


平景清は桓武天皇の皇子,葛原親王の子,高望王の子孫で,府中六井の一つといわれた室ヶ井の水で産湯をつかったと言い伝えられる。景清は,寿永2年(1183),屋島合戦においてその剛勇をうたわれたが,平家滅亡後,源頼朝に従い,常陸国守護八田知家に預けられた。

江戸時代より愛額社として祀られ,塚には樹齢700年と言われる「さいかち」の大木がある。また隣地の平等寺内に供養塔が残っている。

場所 貝地地内

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る