石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

常陸国分尼寺跡

画像:常陸国分尼寺跡-歴史と記憶

 

天平13年(741),聖武天皇の勅願により,常陸国の寺として建立された。
常陸国分尼寺跡は法華滅罪之寺と称し,法華経の功徳により未来成仏を祈願したものである。発掘調査の際,「法華」の墨書銘のある土器(土師器)が出土し,この寺が法華滅罪之寺であることが証明された。
現在,国の特別史跡に指定され,史跡公園として整備がされ,市民の憩いの場として親しまれている。




場所 若松三丁目1番

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る