石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

子は清水

画像:子は清水

昔,村上の地は「村上千軒」といわれるほどの大きな村であった。そこに住む病気がちの父親と息子は,薪を売って生計を立てていた。ある時,息子は薪が売れず,父親の唯一の楽しみである酒も買えないと,途方に暮れながら歩いていると,木立の間からコンコンと湧き出る水があった。それを汲んで帰り,父親に飲ますと諸白(上質の酒)であった。息子が飲んでも水で,それを飲み父親は病気が回復していった。「親が飲めば諸白,子が飲めば清水」という養老孝子の伝説である。

場所 村上

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る