石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

富田北向観音堂

画像:富田北向観音堂

 

北向観音(富田観音)堂は,常陸國總社宮の地内にあった神宮寺の観音堂として建てられたといわれている。堂内には十一面観世音菩薩像が安置されている。安産・子育・厄除けの効き目があるといわれる本尊である。

市指定文化財として,鰐口(工芸品)が残されている。鰐口とは社寺の堂の軒下にかけ,前に下った綱を引いて,祈願のために打ちならす我が国独特の鳴器である。
観音堂の隣の公民館には,県指定有形文化財の「富田のささら」の獅子頭三頭が保管されている。
毎年7月第4日曜日には護摩たき縁日として盛大に行われる。ご縁日は観音様との縁を結ぶ日である。

 

場所 国府五丁目9番

地図を見る:富田北向観音堂

※別ウィンドウで地図が表示されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る