石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

常光院と万能塚

画像:常光院と万能塚

 

常光院は来迎山常光院極楽寺と号し,51センチメートルの阿弥陀如来像を本尊とする天台宗の寺である。本尊の御前立に,地蔵大菩薩不動明王尊を安置している。
伝承によれば,後朱雀天皇(在位1036~1045)の御代,外城大学清治の創建。また「常陸大掾国香(~935)の祈願所として,倉奈利良明開基」という記録もあり,11世紀初めまでに開山されたと推察できる。
また,境内には農具万能の考案者,鈴木万能の墓がある。彼が万能を製作していたという杉並の「アツバイ」の地には,彼の業績を顕彰して「万能塚」が建てられている。

 

場所 国府五丁目2番・杉並一丁目5番

地図を見る:常光院

※別ウィンドウで地図が表示されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る