石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

金刀比羅神社

画像:金刀比羅神社仏閣

 

祭神は大物主神・崇徳天皇,配祀の香取神社祭神は経津主命。
金刀比羅神社は,もともとは大掾家が軍神,守護神として外城カンドリの地に香取神宮を祀ったことにはじまる。金刀比羅石碑によると文政10年(1827)に金刀比羅神社社殿を造営して,讃岐の国の金刀比羅神社を勧請して祀ったとある。
全国各地の金刀比羅神社の総本社は讃岐琴平町にある。金刀比羅神社は江戸時代以来,航海守護や開運の神として信仰されてきた。当社も古くから海の守り神として,銚子,那珂湊,平磯,平潟などの漁民から信仰され繁栄した。かつては,金刀比羅神社の例祭には大勢の参詣人で賑わった。

 

場所 国府六丁目2番

地図を見る:金刀比羅神社

※別ウィンドウで地図が表示されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る