石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する
  1. ホーム>
  2. 石岡市の歴史と記憶>
  3. 神社仏閣>
  4. 隅之宮福徳稲荷神社

隅之宮福徳稲荷神社

画像:隅之宮福徳稲荷神社仏閣

 

 

どこか昭和の雰囲気を残した路地裏に,隅之宮福徳稲荷神社は建っている。祭神は,「隅之宮稲荷神社由来記」によると,倉稲魂命と天之御中主命の二柱である。明治3年の火災により, 社殿は類焼し,神器・宝物はすべて焼失してしまった。
神社は仲之内町に鎮座しているが,当町 は古くから常陸國總社宮の祭礼に獅子舞を奉納しており,その獅子頭も前述の火災により焼失してしまった。これによって,一時祭礼参加の中断を余儀なくされたが,その後再興された。この新たに作られた「仲之内町の獅子頭」は,火災で焼け残った神社の御神木を利用したものであるという言い伝えが残っている。

 

場所 府中一丁目10番

地図を見る:隅之宮福徳稲荷神社

※別ウィンドウで地図が表示されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る