石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

青木稲荷神社

画像:青木稲荷神社仏閣

 

祭神は倉稲魂命。青木稲荷神社の由緒は,宝沢院という寺院の隅にあったと伝えられる。慶長年間(1596~1614),領主六郷氏により国家安全・五穀豊穣・武運長久の為に深く信仰されていた。文政年間(1818~1829)に宝沢院は廃寺となり青木稲荷神社だけが残った。再建は弘化2年(1845)。青木町の名は,府中六木の一つ「大木」に由来し,寛永2年(1625),水帳に「大木」「おふき」の呼称が記されている。

 

場所 府中二丁目2番

地図を見る:青木稲荷神社

※別ウィンドウで地図が表示されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る