石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する
  1. ホーム>
  2. 石岡市の歴史と記憶>
  3. お祭り>
  4. 真家みたまおどり

真家みたまおどり

画像:真家みたまおどり-歴史と記憶-

画像:みたま踊り11 画像:みたま踊り12


 福寿院に伝わる800年の伝統を誇る念仏踊りである 。伝承によると,旅の高僧が来て伝え,本来は「御霊供養」として老若男女が寺の庭に参集し,夜を徹して踊ったのが始まりとされている。現在では毎年旧盆の季節になると新たな御霊の供養のために,新仏の家の前で踊るようになっている。
 現在,県指定無形文化財(民俗)に指定されているが,それとは別に「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」として国選択無形民俗文化財にも指定されている。

 

場所 真家273番地

地図を見る:真家みたまおどり

※別ウィンドウで地図が表示されます。

石岡市真家273

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る