石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する

丁子屋

画像:丁子屋11

 

画像:丁子屋内部1  画像:丁子屋内部2

画像:丁子屋12  画像:丁子屋13

 昭和4年3月の大火で,丁子屋は 焼失を免れた数少ない建物の一つであり,火災以前にあった商家建築では,現存する唯一のものといえる。構造は木造2階建て(2階は中2階構造),瓦葺き,土蔵造りである。屋根は通りに面して,1階が3尺7寸の下屋庇を出し,2階が寄棟,裏は切り妻である。外部は黒漆喰(又は松煙塗の土蔵壁であり,屋根は当初からの土瓦が多く残り,通りに面したガラス戸は波板ガラスである。

 現在は「まち蔵藍」という観光施設として利用し,内部を各種物産品の販売や喫茶室として活用し,自由に見学ができるようになっている。

 

場所  国府三丁目5番

地図を見る:丁子屋

※別ウィンドウで地図が表示されます。

石岡市国府3丁目5-6

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る