文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

市長の部屋

定例記者会見平成26年1月9日

画像:定例記者会見1.9(1)  画像:定例記者会見1.9(2)

本日は,お忙しい中 お集まりいただきまして,ありがとうございます。  本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 はじめに,昨年の市長就任以来,緊急に取り組むこととしておりました 本庁舎からの一部の部署の移転につきまして,このたび,本庁舎平屋部分を除き年内に無事完了いたしましたことをご報告させていただきます。おかげ様で,本年1月6日からは,新たな場所で業務をスタートしておりまして,これからは,市民の皆様に安心して市役所をご利用いただけるものと考えております。また,いくつかの施設に分散していることから,一時的にご不便をおかけすることもあろうかとは思いますが,ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 新しい年になりまして,市民の皆様とのお約束の実現に向け,いよいよ本格的に事業をスタートさせていきます。今年は合併して9年目を迎えるわけです。10周年という節目も控えておりますので,職員訓示でも「融和」ということを申しました。それから隣接市町村との「連携」がこれから大事になってくると思います。そして「スピード感」を持って仕事に取り組むという,3つの言葉を年頭の職員訓示で申しました。  現在,新年度に向けての予算づくりを行っているところですが,特に力を入れていきたいと考えておりますのが,若い世代を応援する「子育て応援プロジェクト」と,高齢者が元気で過ごせるようサポートする「生涯現役プロジェクト」でございます。全庁横断的なプロジェクトでもありまして,現在,制度設計を行っているところでございます。詳細については,新年度予算の中で明らかにしてまいりたいと考えております。また,喫緊の課題であります本庁舎の建設につきましては,平成26年度に基本構想と基本計画を策定いたしまして,平成27年度中には実施設計,そして工事着工という流れで進めてまいりたいと考えております。この着工する平成27年度は,市制施行10周年の年となります。

 さらに,中心市街地の活性化策としまして,「まちなか歴史ゾーン構想」を掲げております。これまでのような商店街だけの活性化にとどまらず,歴史,文化,景観,人材等の発掘と活用により,石岡らしい魅力あるまちづくりの実現を目指すものでございます。今回,その中で1つの取り組みとして,県指定文化財の「石岡の陣屋門」,これは東日本大震災で傷んでしまったということで平成25年度の予算で修復していますが,それを本来あった場所に移築したいと考えております。これについては,平成26年度中に実施したいと考えております。この建物は,昭和43年以前は石岡小学校の校門として約1世紀,市民に親しまれてきたわけですが,これは現在の市民会館の正面にあったものです。このたび,先の震災や老朽化などの理由から,取り壊して修理を行っておりまして,修理が終わった際には,中心市街地の歴史的シンボルとして,本来あった場所である市民会館の正面の場所に戻したいと考えております。

 また,そのほかに,今年は,茨城大学との官学連携協定の締結を考えておりまして,今後のまちづくりに向けて,市民の皆さんの郷土を学ぶ環境を整えるとともに,地域課題の改善を図ってまいります。

 さらに,2月には,観光の原点を再認識する目的で,国民宿舎「鵜の岬」の支配人の方をお招きし,「おもてなしの心」に触れるシンポジウムの開催を考えております。内容につきましては,次回の記者会見において詳細をご案内したいと考えております。

 これらの施策を進めていくには,市民の皆様のご理解とご協力が必要不可欠でございますので,実現に向けてより一層の対話の充実を図りながら進めてまいりたいと考えております。 記者クラブの皆様におかれましても,今後とも積極的な情報発信を心がけてまいりたいと考えておりますので,ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 それでは,会見項目に移らせていただきます。

小学校入学祝金の贈呈について

 「小学校入学祝金の贈呈について」でございます。  これは,平成26年4月に小学校へ入学する子を養育する父母の方に対し,入学祝金を贈呈するもので,昨年3月に市内の篤志家の方から5,000万円の寄付を受けたことにより,そのうちの一部を入学祝金として贈呈するものです。寄付にあたり,この方は大森さんとおっしゃる方ですが,母子家庭や障害者の方など,社会的弱者の方々のために使ってほしいとの要望があり,協議した結果,入学祝金というかたちで贈呈させていただくことにしたものです。支給額は,配偶者のいない父母の方に2万円。身体障害者手帳を有する父母の方には5万円を支給いたします。対象となる方には,今月末までに申請をお願いしたいと思います。
 また,寄付いただいた5,000万円のうち今回の入学祝金のために4,000万円を基金に積み立てましたが,残り1,000万円についても,大森さんの意志を尊重いたしまして,奨学金基金に積み増しをし,これまで行ってきました奨学金制度の財源の拡充を図ったところでございます。  なお,これらの制度は,財源となる基金がある限りは,今後も継続してまいりたいと考えております。

 石岡市・小美玉市合同企業説明会「石岡市・小美玉市合同企業説明会『就勝!2014』」について

  次に,イベント情報でございます。
  まず,石岡市・小美玉市合同企業説明会「石岡市・小美玉市合同企業説明会『就勝!2014』」でございます。

 平成24年から開催しているものでございまして,今年で3年目となります。期日は,1月29日,石岡運動公園体育館を会場に行われます。今回は,2人の講師をお招きし,スキルアップ講座を開催いたします。終了後は,キャリアカウンセリングや企業説明会を行います。
 対象は,平成27年3月に大学,短大等を卒業予定の方でございます。ぜひ多くの学生の皆さんにお出でいただきたいと思います。

 第7回石岡つくばねマラソンについて

 最後に,「第7回石岡つくばねマラソン」を,2月23日に開催いたします。今年は,会場がこれまでの茨城県フラワーパークから,旧八郷南中学校に変更となりました。種目やコースについての変更はございません。なお,申し込みの締め切りについては,明日の10日までとなってございます。今年も参加者の皆様には,オリジナルランニングポーチのプレゼントや,当日に限りフラワーパークを無料で入場いただけるなどの特典を用意しております。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広聴課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-5276

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る