文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 広報いしおか>
  3. 石岡市写真ニュース>
  4. 平成26年>
  5. 4月のできごと>
  6. 4月25日 107歳の上杉さん刺しゅう展を開催

市政全般

4月25日 107歳の上杉さん刺しゅう展を開催

4月25日から5月6日まで,石岡市在住で刺しゅう作家の上杉ミツ子さん(107歳)による「長寿の祈りまごころを込めて107歳の作品展」が,まちかど情報センターを会場に開催されています。

上杉さんは43歳の時に夫が亡くなり,自動車販売会社を継いで女手一つで7人の子どもを育てました。刺しゅうは会社を引退した70代から始めたもの。もともと手先を使う仕事が好きで,裁縫では和裁・洋裁,そのほか編み物などもかなりの腕前だったようです。

おととしの秋に1回目の作品展を同会場で行い反響を呼びました。「もう一度作品が見たい」という声を受け,今回2度目の開催となりました。
上杉さんは「私の作品を見て喜んでくれる人がいるだけでうれしいです」と穏やかな表情で会場を見つめます。「品物が残ることはいいことですね。残すっていいことです」と作品を見ながら感慨深げに話してくれました。

今回展示されているのは上杉さんが石岡に住み始めてから制作した作品の中から25点が展示されています。

画像:上杉さん
107歳の上杉ミツ子さん。市内の施設で生活しながら,文化刺しゅうや手編みを「仕事」と位置づけて精力的に作品を作っています。

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは秘書広聴課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-5276

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る