文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 広報いしおか>
  3. 石岡市写真ニュース>
  4. 平成26年>
  5. 6月のできごと>
  6. 6月20日 食の大切さを地域に伝える~食生活改善推進連絡協議会の会員研修を実施~

市政全般

6月20日 食の大切さを地域に伝える~食生活改善推進連絡協議会の会員研修を実施~

6月16は八郷保健センターで,19・20日は石岡保健センターで,食生活改善推進連絡協議会の会員(通称ヘルスメイト)研修を行いました。

石岡保健センターでの調理実習の様子

画像:がん予防レシピを5~6人のグループで作っています今回のテーマは「がん予防レシピ」

画像:5~6人のグループに分かれて作ります5~6人のグループに分かれて作ります。

画像:自分たちでさばいたアジに小麦粉をつけて…

自分たちでさばいたアジに小麦粉をつけて…

画像:フライパンでアジを軽めに揚げます

フライパンで軽めに揚げます。

 がん予防レシピ(石岡保健センター)

 お豆腐を使ったレシピ(八郷保健センター)

画像:2014/0620調理実習4アジの夏野菜ソース,きのことひじきのサラダ,味噌汁,コーヒーゼリーといった栄養のバランスを考えた献立

画像:おからを使ったスコーン

おからを使ったスコーン

ヘルスメイトの皆さんは,家庭の食卓を充実させ健康づくりを進める役割を地域で担っています。
昭和20年代,食糧が十分でなく乳児死亡率が高かったことから,各都道府県では保健所を中心に「栄養教室」を開設。ここで主婦を対象に健康生活についての学習会が行われ,自らが健康生活の実践者となりこの問題にとりくむグループが生まれました。これがヘルスメイトの始まりです。
現在は,全国1,411市町村(平成23年4月現在)に会員17万人を有する協議会組織になっており,石岡市でも127人のヘルスメイトの皆さんが活躍されています。

石岡市食生活改善推進員連絡協議会の副会長の大岡芳子さんは,
「若いお母さんたちに,食の大切さを伝えたいと思って活動しています。子どもたちの体を作る基本は食事。子どもたちにも,楽しく食べてもらいたいですね。親子向けの料理教室をすることもあるんですよ。この間はホットケーキミックスにほうれん草をペーストにしたものをビニール袋の中で混ぜて合わせて,子どもたちにこねてもらいました。そうすると,子どもは面白がってお手伝いしてくれて。親子で気軽に参加できる場をこれから作っていきたいと思っています」と話してくれました。

毎年,年に数回,市の保健センターではヘルスメイトの皆さん向けに研修会を開いており,豆腐を使ったレシピやがん予防レシピなど,オリジナルレシピの考案・調理を行っています。

食生活改善推進員(通称ヘルスメイト)の皆さんは,市の広報紙で食べ物の旬を感じられ,健康を考えたレシピを紹介してくれています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

石岡保健センター 〒315-0027 茨城県石岡市杉並二丁目1番1号

電話番号:0299-24-1386 ファックス番号:0299-24-4638

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る