石岡市の「歴史と記憶」公式ホームページ

本文へ移動する
  1. ホーム>
  2. 石岡市の歴史と記憶>
  3. 特設展>
  4. 陣屋門>
  5. 陣屋門改修日記その14「陣屋門に門松を立てました」

陣屋門改修日記その14「陣屋門に門松を立てました」

間もなくお正月を迎えようという12月24日,陣屋門に門松を立てました。

最初は,この地方の江戸時代の門松を再現しようと考えましたが,資料が見つからなかったため,名古屋の「徳川園」に立つ「黒門の松飾り」をモデルに作成しました。江戸時代,名古屋地方では,1本の青竹と松,そして笹だけを用いた門松だったとのこと。府中陣屋の主・府中松平家は徳川御三家の1つである水戸徳川家の御連枝ですから,案外,名古屋地方のこのような門松を立てていたかも知れません(?)。

門松の材料は,文化振興課の職員宅などから調達。門松づくり初体験の職員2人が作ったため不出来な門松ではありますが,どうぞご寛容ください。

なお,この門松は1月13日(火)まで飾る予定です。

『陣屋門改修日記14』の画像 『陣屋門改修日記14-2』の画像

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
石岡市公式ホームページへ
スマートフォン用ページで見る