文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. くらし・市政>
  3. 市政全般>
  4. 計画・行革・統計等>
  5. 統計>
  6. 令和2年 国勢調査員を募集しています!

市政全般

令和2年 国勢調査員を募集しています!

日本の「いま」を知り,未来をつくる国勢調査 その調査員を募集します!

令和2年10月1日に,全国一斉に国勢調査が実施されます。国勢調査は,日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする,国の最も重要な統計調査です。

市では『国勢調査員』として,理解と熱意を持って調査業務に携わってくださる方を広く募集しています。

総務統計局のホームページにも詳しく掲載してありますので,ご覧ください。

リンクはこちら ↓ ↓ ↓

 『統計局』の画像

 

国勢調査とは?

国勢調査は,国内の人口や世帯の実態を明らかにするため,統計法という法律に基づいて5年に一度実施される統計調査です。今回の調査は,大正9年の第1回調査から数えて100年目の調査にあたります。

令和2年10月1日現在で,日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯が対象となり,世帯員の構成や就業・就学状況,住居の種類等について回答していただきます。

 

調査結果はどのように活用されるの?

国勢調査で得られた情報をもとに作成された統計は,次のように利用されます。

公正な行政運営の基礎を成す情報基盤として

⇒衆議院小選挙区の画定や,地方交付税の交付額の算定,国や地方公共団体における各種行政施策の策定・推進などに利用されています。

国民や企業の活動を支える情報基盤として

⇒国民が国や地域社会の実態を知るためや,企業や各種団体が商品・サービスの需要予測,店舗の立地計画などの経営管理を行うために幅広く活用されています。

 公的統計の作成・推計のための情報基盤として

⇒将来人口を推計する上での基礎データや,国民経済計算などの加工統計での基準人口として用いられます。また,各種統計調査で信頼性の高い結果が得られるよう,全数調査である国勢調査の統計データを母集団として用いて標本設計が行われています。

 

国勢調査員の仕事の流れは?

国勢調査員の仕事は,大きく分けると5つあります。

 

(1)  市が開催する説明会に参加し,調査の概要や調査の仕方について確認する。

(2)  担当となった地域や調査対象を確認する。

(3)  調査対象を訪問し,調査について説明したうえで,調査票の記入依頼・配布をする。

(4)  調査対象を再訪問し,記入済みの調査票を回収する。

(5) 自宅で調査票を整理・点検し,市へ提出する。

 

報酬や待遇は?

報酬は,おおむね3~6万円で,調査対象の数によって異なります。業務期間は,8月中旬頃から,10月下旬までの予定です。

調査期間中の身分は,総務大臣に任命される,非常勤の国家公務員となります。なお,営利事業(パートなど)の従事制限はありません。

 

応募要件は?

・満20歳以上で心身ともに健康な方

・税務・警察・選挙・暴力団に直接関係のない方

・責任を持って調査の事務を遂行できる方

・秘密を保持できる方

 

調査の成功には、調査員のチカラが欠かせません。ぜひあなたの力をお貸しください! 

 

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは政策企画課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22‐5276

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る