文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. くらし・市政>
  3. 健康・福祉>
  4. 医療保険・年金・介護>
  5. 医療保険・年金>
  6. 後期高齢者医療制度>
  7. 後期高齢者医療保険料 特別徴収の仮徴収額の「平準化」について

健康・福祉

後期高齢者医療保険料 特別徴収の仮徴収額の「平準化」について

 後期高齢者医療保険料の特別徴収(年金からの天引き)は,4月・6月・8月に「仮徴収」,10月・12月・翌年2月に「本徴収」として納めていただいています。仮徴収額と本徴収額が大きく異なることが想定される方については,特別徴収される額が年間を通じてできるだけ均等(平準化)になるように,6月と8月の保険料の仮徴収額を変更します。

●「仮徴収」,「本徴収」とは

仮  徴  収 本  徴  収
4月 6月 8月 10月 12月 翌年2月
前年の所得が確定していないため,前年度2月と同額の保険料を納めて頂きます。      確定した年間保険料額から,仮徴収で納めた額を差し引き,残った額を3回に分けて納めて頂きます。

●「平準化」とは

  仮徴収額は,原則として前年度2月の特別徴収額と同額になりますが,所得などの変動により仮徴収額と本徴収額の差が大きく異なる場合があります。そのまま仮徴収を行うと,特別徴収(年金からの天引き)の仕組み上,以降の仮徴収額(前半)と本徴収額(後半)は毎年増減を繰り返すことになり,前半または後半のどちらかに負担が偏ったままになってしまいます。ます。そこで,1年間を通じて保険料の特別徴収額(年金からの天引き額)ができるだけ均等になるように6月と8月の仮徴収額を変更します。

 なお,平準化により年間の保険料額が変わることはありません。 

 

『H30平準化』の画像

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

本館 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-23-9817

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る