文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 市長の部屋>
  3. 市長日記>
  4. 2018年 市長日記>
  5. 市長日記 市庁舎の移り変わり(広報いしおか8月1日号)

市政全般

市長日記 市庁舎の移り変わり(広報いしおか8月1日号)

 

7月9日

市庁舎の移り変わり

 古池や蛙飛び込む水の音

 入道雲の湧き立つ空にそそり立つクレーン車の長いアームを見上げ、ふとそんな句が浮かんできました。
 芭蕉は水音を耳にして、まったくのイメージで古池を想像したといいます。古池に蛙がいての情景描写ではなく、蛙の水音に触発されてのイマジネーションの広がりだそうです。それ故にこの作品の斬新性は画期的で、高く評価されています。

市役所や積乱雲指すクレーン車

 完成まであと3か月を切った市役所の新庁舎ですが、3階部分に議会棟の鉄骨が載りいよいよ全貌が見えてきました。その様子を即興で詠んだのが右の駄句です。
 記録をたどってみると、町役場と市役所の歩みは次のようになります。

・昭和25年5月

 石岡町役場庁舎(2階建)完成

・昭和29年

 石岡市誕生


・昭和30年

 八郷町誕生 本庁を柿岡に恋瀬と園部に出張所を置く

・昭和35年9月

 八郷町役場庁舎 (2階建)完成 1,262m2

・昭和49年10月

 石岡市役所庁舎 (4階建)完成 7,240m2

・平成6年12月

 八郷町役場庁舎 (4階建)完成 8,101m2

・平成17年10月

 新石岡市誕生。本庁を石岡に、総合支所を柿岡に置く

・平成31年1月4日

 防災拠点機能を備えた新庁舎(3階建)開庁予定10,512m2

 

 時代と共に庁舎は大きくなっていますが、東日本大地震を経験した今度の新庁舎は市民の安全と環境・経済性、使いやすさを目指しています。
 市役所とは、市民にとって役に立つところとの説もあるぐらいですから、職員と一丸になり、高みを目指して努力していきます。

文 今泉文彦

 

『市長日記 8月1日号』の画像

▲平成31年1月開庁予定の新庁舎の建設工事が進行中です

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広聴課です。

本館 3階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-5276

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る