文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

くらし・手続き

架空請求に関する相談が増加しています。

メールやハガキによる架空請求の注意喚起

 

全国の消費生活センターに寄せられた架空請求に関する相談件数は,2011年度以降増加傾向にありましたが,昨年2017年度は20万件となっており,2016年度と比べ2倍以上に急増しています。

 

 

メールやハガキで突然身に覚えのない通知が届き,記載された電話番号にかけると,相手は法律用語などを用いて不安を煽り,支払い要求をしてきます。
相手の指示に従って支払いをしてしまうと,その後さらなる支払いを要求される場合があります。

 

上記のようなことにならないためにも,怪しいメールやハガキ,電話があった際には返信などせず,お近くの消費生活センターまでご相談ください。

 

消費生活ホットライン 📞188
(最寄りの消費生活センターなどにつながり,専門の消費生活相談員が助言します。)

 

『チラシ1』の画像(新しいウインドウで開きます)『チラシ2』の画像(新しいウインドウで開きます)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり協働課です。

本館 1階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-23-2225(仮)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る