文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

市政全般

定例記者会見 平成30年10月23日

本日は,お忙しい中お集まりいただきまして,ありがとうございます。
それでは,早速本日の会見項目の説明に入らせていただきます。

1 大人も子どももレッツサイクリング!
初イベント「自転車天国」を開催します!

資料1ページをお開きください。

当市では現在自転車を活用したまちづくりを目指し「りんりんタウン構想」の策定を進めています。

これに関連したイベント「自転車天国」を11月17日にJR石岡駅西口の御幸通りを歩行者天国にして開催します。
シンポジウムゾーンでは、有識者を招き「りんりんシンポジウム」を開催、そのほか「自転車体験ゾーン」「アトラクションゾーン」「多目的ゾーン」とそれぞれ様々な体験が楽しめます。

『会見項目1りんりんシンポ』の画像
▲シンポジウム出演者の疋田智氏(左)と絹代氏(右)

『会見項目1歩行者天国』の画像

自転車は、環境にも健康にも良い移動ツールとして、まだまだたくさんの可能性があると私は考えています。
このイベントに多くの市民の皆さんに参加して頂き、これからの自転車の在り方と今後のまちづくりについて一緒に考えていただき、石岡を盛り上げていくためのきっかけとしていきたいと考えております。

2 地域医療の未来を考える
第3回石岡地域市民医療懇談会を石岡市民会館で開催

『会見項目2市民医療懇談会写真』の画像
▲前回の懇談会の様子

資料2ページをお開きください。

二つ目は、「第3回石岡地域市民医療懇談会」についてでございます。
この懇談会は、石岡地域の医療にかかわる様々な問題を検討するため、今年6月に第1回、8月に第2回と開催してきました。

第3回となる今回は、石岡市民会館の大ホールを使用し、シンポジウム形式で開催いたします。
前回までの検討結果を踏まえ、今回はさらに一歩踏み込んで「10年後を見据えた地域医療を考える」をテーマに、石岡地域の医療の未来について、真剣に考えてまいります。

人口減少や医師不足など、当地域を取り巻く医療環境は、このまま放置すれば、将来危機的な状況に陥ってしまうことが予想されています。
市民はもちろん、当地域の皆さんが安心して暮らせる医療環境を整えていくため、この懇談会は、行政・医療関係・市民との間で問題の重要性を共有し、方向性を見出してくためにも、大変重要な意見交換の「場」であると考えております。
たくさんの皆様のご来場をお待ちしております。 

3 100万球の光と音のファンタジー
茨城県フラワーパークウィンターイルミネーション

『会見項目3イルミネーション』の画像

続きまして、資料3ページをお開きください。

毎年恒例となりました、フラワーパークのウィンターイルミネーションについてでございます。

今年は、LEDを昨年の60万球から一気に100万球規模にスケールアップし、さらなるみどころや、フォトスポットを増やして開催します。開催期間は、11月15日~来年の1月14日までです。
フィナーレを飾る、最後の3連休(1月12・13・14日)には、イルミネーションとレーザーによる特別なショータイムも実施します。

なお、初日の11月15日(木)午後5時から、イルミネーションの点灯式を執り行います。
また同日に、12月末までフラワーパーク内の「トレタレストラン」で提供する、イルミネーション特別限定ディナーの報道機関向け試食会を併せて開催いたします。ぜひ記者の皆様にご来場いただき、限定ディナーを御賞味いただきたいと思います。

フラワーパークのイルミネーションは、都会では味わえない里山の澄んだ空気の中で、光・音・バラの香り・そして参加し体験できるたくさんのイベントなど、目で見るだけではなく「五感で感じるイルミネーション」の世界がございますので、ぜひ一度足をお運びいただき、楽しんでいただければと思います。

4 平成最後の「皇室献上」に向け
市特産の富有柿 最終審査会を開催します

続きまして、資料4ページをお開きください。

平成最後の「皇室献上」に向けた、市特産「富有柿」の最終審査についてです。
当市の八郷地区内にある3つの柿出荷組合である、
・マル園(その)柿出荷組合
・JAやさと柿部会
・十三塚柿出荷組合
で構成する「石岡市八郷柿振興協議会」において、「献上柿」として皇室に届ける市特産の富有柿の最終審査会を11月20日に八郷総合支所で開催します。

『会見項目4柿(1)』の画像
▲前回の審査会の様子

『会見項目4柿(2)』の画像
▲昨年は「マル園柿出荷組合」が担当しました

富有柿の皇室への献上は、1950年代半ばから毎年行われているものであり、3つの柿出荷組合がそれぞれ1年ごとに富有柿の献上を担当します。茨城県内において、毎年皇室へ献上を行っているのは、石岡市の富有柿のみで、今年度献上を担当する柿出荷組合は「JAやさと柿部会」です。
審査会当日は、1次・2次審査で選ばれた180個の柿の中から72個を厳選し、3つの桐箱に詰める作業を行います。
審査を経た平成最後の「献上柿」は、翌日11月21日に、宮内庁及び東宮(とうぐう)御所へお届けいたします。
審査会当日は会場内の審査風景の取材も可能ですので、皆様のご来場をお待ちしております。
(取材いただいた際には、献上柿と同等の富有柿をお試しいただけるようご用意しております)

5 いきいき茨城ゆめ国体開催に向けて
JTBバドミントンS/Jリーグ22018石岡大会 

続きまして、資料5ページをお開きください。

数々の国際大会で日本人選手が活躍し、今注目を集めているバドミントンは、来年茨城県で開催される「いきいき茨城ゆめ国体」において、当市で行われる正式種目でもあります。

今回行われるこの大会は、国体のリハーサル大会に位置づけられています。国内の実業団やクラブチーム男女8チームによる総当りのリーグ戦形式で行われ、今年度の順位がこの大会で決定します。強豪選手も出場しますので、最終日まで熱戦が続くことが予想されます。
この機会に、国内トップレベルの選手による試合を観戦し、来年の茨城国体の雰囲気を一足先に体感してください。

『会見項目5バド大会』の画像
▲昨年福井県で行われた同大会の様子 

6 イベント情報

続いて,イベント情報でございます。

(1) 「柿&りんご&みかん」狩りを楽しもう! 

『会見イベント情報1柿』の画像

資料6ページをお開きください。

一つ目は、フルーツ王国石岡での「柿・りんご・みかん」狩りです。
筑波山麓の自然に囲まれた農園では、富有柿をはじめとする「柿」、太陽をたっぷり受けて蜜の香りが漂う「りんご」、適度な酸味と味の濃さが自慢の「みかん」が楽しめます。一度食べたら忘れられない果物の味は、家族連れはもちろん、老若男女問わず大人気です。

(2) 茨城県フラワーパーク 「秋バラまつり」

資料7ページをお開きください。

茨城県フラワーパークで開催される「秋バラまつり」です。800種、3万株のバラの華やかな色合いと、芳しい香りの競演を楽しめます。バラまつり期間中には、さまざまなイベントも開催されますので、バラに囲まれた癒しの空間をぜひともお楽しみください。 

(3) 認知症高齢者の見守り声かけ訓練を実施

『会見イベント情報2声掛け訓練』の画像

次に、認知症高齢者の見守り声かけ訓練です。
県・石岡警察署・市内介護保険事業所等の協力のもと、認知症になっても安心して暮らせるよう、地域で見守り、支え合う方法を考えるきっかけとして、徘徊役の方に声かけをしてもらう訓練を行います。

(4)石岡市戦没者追悼式を開催
~中学生平和大使による平和宣言・メッセージを発表~
 

『会見イベント情報3追悼式』の画像

資料8ページをお開きください。

先の大戦で尊い犠牲となられた戦没者の御霊に追悼の意を捧げるとともに、恒久の平和を祈念するため、11月2日に石岡市戦没者追悼式を開催いたします。
式では追悼の辞、献花とあわせ、今年度広島市に派遣された「中学生平和大使」による平和宣言とメッセージの発表を行います。
ぜひお越しいただければと思います。

(5)その他

そのほかにも、石岡市医師会や石岡市歯科医師会等の協力のもと行われる「健康サポートフェスティバル」や、最先端の認知症の診断や治療に携わっている現役医師招く「介護予防講演会」、今年で4回目を迎えるいじめ防止フォーラム、映画「かぐや姫の物語」の共同脚本などを担当した脚本家の坂口理子さんによるミュージカル「しあわせのタネ」などイベントが盛りだくさんです。

本日の説明は、以上でございます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広聴課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-5276

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る