文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 石岡めぐり>
  3. 歴史的スポット>
  4. 街なか散歩(常陸国分寺跡)

街なか散歩(常陸国分寺跡)

  • 常陸国分寺跡001
  • 常陸国分寺跡002
  • 常陸国分寺跡003
  • 常陸国分寺跡004
  • 常陸国分寺跡005

上記写真をクリックすると拡大写真でご覧いただけます

国指定特別史跡:国分寺は聖武天皇の勅願により天平13年(741年)以来,国毎に設置された寺院で,正式名称を金光明四天王護国の寺といいます。

都々一坊扇歌堂

画像:鳴滝の流れ市指定文化財:国分寺境内に都々一坊扇歌堂があります。

都々一坊扇歌は,文化元年(1804年)医者・岡玄策の子として久慈郡磯部村(常陸太田市磯部)に生まれました。幼少の折,病により失明同様となりましたが,芸の道を志し船遊亭扇橋の弟子となりました。その後「よしこの節」「いたこ節」などを工夫して,新しく「都々逸節」を作り都々一坊扇歌と名乗りました。
扇歌は,当時の政治や社会を批判したため江戸追放の身となりました。その発端となったのは「上は金 下は杭なし 吾妻橋」の一句でした。江戸を追放された扇歌は,姉の嫁ぎ先である府中香丸町の酒井長五郎の旅宿に身を寄せ嘉永5年(1852年)48歳で没しました。昭和8年(1933年),都々一坊扇歌を記念し町内有志の呼びかけにより扇歌堂が建立されました。

旧千住院山門

旧千住院山門市指定文化財:国分寺境内に旧千住院山門があります。

千手院は弘仁9年(818年),行基大僧正の弟子・行円上人によって開基され,建長4年(1253年)の第一一世心上人が没するまで続いたと伝えられています。その後の記録は残されていませんが,天正元年(1573年)には京都東寺宝菩提院の禅我大僧正の弟子・朝賀上人によって中興されたといわれています。
これら千手院末の寺院はその大部分が府中の町にあり,人々の信仰を集めましたが,明治初年にはそのほとんどが廃寺となっています。
また,千手院も大正8年(1919年)3月に国分寺と合併して廃寺となり,現在ではこの山門が残るのみとなっています。

 

場所 石岡市府中5-1-5(新しいウインドウで開きます)
駐車場 なし
お問い合わせ先 【石岡市役所観光課】電話番号0299-43-1111

地図を見る:常陸国分寺跡

※別ウィンドウで地図が表示されます。

施設:常陸国分寺跡
石岡市府中5-1-5

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは観光課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-24-5358

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る