文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

健康・福祉

高齢者の虐待防止

『虐待イメージ』の画像平成18年4月に「高齢者虐待の防止,高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(高齢者虐待防止法)」が施行されました。

この法律は,高齢者を虐待から守り,尊厳を保ちながら安定した生活を送ることができるよう,虐待の防止と保護,介護者に対する支援について定めています。

高齢者虐待とは,高齢者が家族などの養護者,または養介護施設従事者から,権利を侵害されたり,生命や健康,生活が損なわれる状態に置かれることです。

 

高齢者虐待とは

具体的には以下のような行為を言います。

身体的虐待

高齢者の身体に外傷が生じ,または生じるおそれのある暴行を加えること

    ♦たたく,殴る,蹴る,無理やり食事を口に入れる,やけどを負わせる

    ♦ベッドに縛りつけたり,意図的に薬を過剰に与える

介護・世話の放棄・放任(ネグレクト)

高齢者を衰弱させるような著しい減食または長時間の放置,その他の高齢者を養護すべき職務上の義務を著しく怠ること

    ♦空腹,脱水,栄養状態が悪いままにする

    ♦劣悪な状態や環境の中に放置する

    ♦必要な医療・介護サービスを制限したり使わせない

心理的虐待(暴言)

高齢者に対する著しい暴言または著しく拒絶的な対応,その他高齢者に著しい心理的外傷を与えるような言動を行うこと

    ♦怒鳴る,ののしる,悪口を言う,侮辱する,子ども扱いする,無視する

    ♦排泄などの失敗を笑い話にして恥をかかせる

性的虐待

高齢者にわいせつな行為をすること,またはわいせつな行為をさせること

    ♦性器への接触や性的行為を強要する

    ♦排泄の失敗に対して懲罰的に下半身を裸にして放置する

経済的虐待

高齢者の財産を不当に処分すること,その他高齢者から不当に財産上の利益を得ること

    ♦本人の年金や預貯金,不動産を本人の意思・利益に反して利用する

    ♦本人のお金を必要な額渡さない,使わせない

 

高齢者虐待を防ぐために

介護をする方へ

介護の負担をひとりで抱えていませんか。

介護疲れによるストレスや孤独感から虐待が始まることがあります。適切な介護の仕方や対応がわからず,気付かないうちに虐待してしまっていることもあります。

ひとりで悩まず,ご相談ください。

また,認知症について気軽に語り合い,ほっと一息できるオレンジカフェ「結」や,各地区の在宅介護支援センターにて開催されている家族介護者交流会にも,ぜひご参加ください。

 

地域の皆様へ

虐待をする人には自覚が無い場合が多く,早期に発見して支援することが重要になります。

また,高齢者のなかには,虐待を受けていてもSOSをだせない人がいます。

高齢者の虐待に気づいたらご連絡ください(誰からの連絡か分からないように対応します。)

 

主な相談先

    ♣高齢福祉課  本庁1階  0299-23-7326

    ♣八郷総合支所 市民窓口課  0299-43-1111

    ♣地域包括支援センター  ふれあいの里石岡ひまわりの館  0299-35-1127

    ♣在宅介護支援センター  市内6カ所

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは地域包括支援センターです。

地域包括支援センター  〒315-0009 茨城県石岡市大砂10527番地6

電話番号:0299-35-1127 ファックス番号:0299-35-1132

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る