しごと・産業

農作物の放射性セシウム濃度低減対策について

東京電力福島第一原子力発電所の事故により、本市の農地にも放射性物質の降下が認められました。
市内の農地土壌の放射性セシウム濃度は、国が定める基準値を大きく下回っており、現在、安心、安全な農産物が生産・流通・販売されていますが、今後、さらに消費者の安心を確保するため、次のような管理作業により、一層信頼される農産物の生産に努めましょう。

たい肥など土壌改良資材・培土の取り扱い

  • 放射性セシウムの国暫定規制値(400Bq/kg)以下のものを農地土壌に施用する。
  • 自ら生産したたい肥(腐葉土など)を施用するときには、放射性セシウムの国暫定規制値(400Bq/kg)以下であることを確認する。

水稲

  • カリ肥料を基肥、穂肥ともに基準量を施用する。
    →カリ肥料は農作物への放射性セシウムの吸収抑制に効果的です。
    ※施肥基準に照らし、不足することがないようにする。

露地野菜

  • プラウによる反転耕(深さ30cmとする)または深耕ロータリーで深耕する。
    →表層に集積している放射性セシウムを下層に埋設・土壌混和で希釈できます。
  • カリ肥料を基準量施用する
    →カリ肥料は農作物への放射性セシウムの吸収抑制に効果的です。
    ※施肥基準に照らし、不足することがないようにする。
  • 石灰資材で適正pHに矯正する。
    →土壌pHが低いと農作物に放射性セシウムが吸収されやすくなります。

果樹(落葉果樹)

  • 整枝せん定は、適正に実施する。
    →樹体の放射性セシウムを除去できます。
  • 粗皮形成樹種(ナシ、ブドウ、カキ、リンゴ)は、粗皮剥ぎ・粗皮削りを行う。
    →樹皮に付着している放射性セシウムを除去できます。
  • カリ肥料を基準量施用する
    →カリ肥料は農作物への放射性セシウムの吸収抑制に効果的です。
    ※施肥基準に照らし、不足することがないようにする。
  • 石灰資材で適正pHに矯正する。
    →土壌pHが低いと農作物に放射性セシウムが吸収されやすくなります。

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは農政課です。

八郷総合支所 1階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表) ファックス番号:0299-43-6384

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?