楽しむ・学ぶ

仲之内町の獅子頭

画像:仲之内町の獅子頭01画像:仲之内町の獅子頭02

富田のささら、土橋の獅子頭と同様に、石岡のおまつり(常陸国総社宮例大祭)の露払いの役をもつ獅子頭です。

製作年代は明治29年(1896)で、東京下谷西稲荷町(当時)の彫刻師・有坂正右衛門によるものです。石岡市内に現存する古い獅子頭のなかでは大きさ・重さとも最大であり、正面幅70cm・高さ54cm・側面幅68cm・重さ25kgを計ります。

獅子頭は加工のしやすさから、桐や檜、杉を材料としているのがほとんどですが、この獅子頭は、堅くて重い欅(ケヤキ)を材料としています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?