石岡市の歴史と記憶

石岡の一里塚

画像:石岡の一里塚

 

泉町通りから泉橋を過ぎると,道路両側に高さ約3mの大きな塚が見える。これが石岡の一里塚である。一里塚は主要街道の一里ごとに設けられた一種の路程標である。慶長9年(1604)頃,江戸幕府が江戸日本橋を起点として,東海・東山・北陸の三道の両側に築いた塚を指したのが始まりといわれる。
石岡の一里塚は,旧水戸街道の府中(石岡)から長岡に通じる街道の両側に残るもので,築造当時を偲ばせ,江戸時代の交通政策を知る上で重要な史跡である。

場所 石岡字並木東2108番地外

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?