くらし・市政

平成27年度 タウンミーティング

第1回タウンミーティング

【開催団体】歴史ボランティアの会
【テーマ】歴史・文化を生かしたまちづくり

平成27年4月23日(午後1時30分~3時)に国府地区公民館で開催しました。
歴史ボランティアの会の皆さん15名が参加しました。

『H27.4.24タウンミーティング1』の画像 『H27.4.24タウンミーティング2』の画像

【出された主な意見】
(1) 常陸国分尼寺跡
   ・利用制限を緩和し、市民の憩いの場にしたい。
   ・観光客が来やすいように、バスの駐車場が必要。
(2) 農村資料館(大増)
   ・大型バスが入れない。
   ・市街地の空き店舗などに資料を展示してはどうか。
   ・ふるさと学習に合わせて、学校の空き教室に展示してはどうか。
(3) 常陸風土記の丘
   ・ぐるりんバスの時刻表、食事場所、お土産など集客手法を検討すべき。
   ・桜のシーズンだけでも駐車場を有料にして、その財源で園内の整備をしてはどうか。
(4) 外国人用の感光パンフレットを活用しているが、地図の掲載が必要。

第2回タウンミーティング

【開催団体】石岡ハーモニーネット
【テーマ】男女共同参画推進のまちづくり

平成27年7月27日(午前10時~正午)に石岡市役所で開催しました。
石岡ハーモニーネットの皆さん10名が参加しました。

『H27.7.22タウンミーティング1』の画像 『H27.7.22タウンミーティング2』の画像

【出された主な意見】
(1) 働く女性にとって保育所から学童保育に至るまで保育政策の充実が不可欠。特に病児保育の対応を。
(2) 子どもたちにとって「本が身近にあること」はとても大切なこと。図書館内のスペース確保・学校図書室運用検討を。
(3) 小さくても身近に公園があれば子どもたちが遊べる。空き家が問題になっているので、空き地にすれば遊び場になるのでは。
(4) 一人親の支援制度があるが、婚姻歴の有無で不平等がある。現状を把握し政策の検討材料に。
(5) 生涯現役プラチナ応援事業の運用を再検討し、参加するための交通手段の確保が必要。
(6) 制度の周知・普及のため、市職員が率先して育児休暇を取得する環境をつくるべき。

第3回タウンミーティング

【開催団体】新石岡市を考える市民の会
【テーマ】安全安心のまちづくりなど

平成27年7月30日(午後7~8時30分)に石岡市役所で開催しました。
新石岡市を考える市民の会の皆さん10名が参加しました。

『H27.7.30タウンミーティング1』の画像 『H27.7.30タウンミーティング2』の画像 

【出された主な意見】
(1) 市長が「脱原発をめざす首長会議」に加入されていることに敬意を表するが、国の原発行政に対して市として立場・意見を国に伝えるべき。
(2) 支所での放射能検査が縮小されたのではないか。腐葉土など食物以外の検査も必要。
(3) 美しい里山風景を太陽光発電の設備が台無しにしている。観光客のことも考慮し、条例で規制すべき。
(4) 陣屋門が元の位置に戻って良かったが、以前の形と変わってしまったこと、様々な事務問題が指摘されて残念である。県指定文化財の価値が下がらないようにしてほしい。
(5) 新焼却施設について、人口予測・ゴミの減量化を前提に計画を立てるべき。随時、住民への説明会・話し合いの機会を設定してほしい。

第4回タウンミーティング

【開催団体】石岡建築士会
【テーマ】歴史・史跡を活かしたまちづくり

平成27年8月21日(午後6時~7時30分)に石岡市役所で開催しました。
石岡建築士会の皆さん7名が参加しました。

 『H27.8.21タウンミーティング1』の画像 『H27.8.21タウンミーティング2』の画像

【出された主な意見】
(1) 観光客を呼ぶために、看板建築などを整備することも必要だが、女性客を取り込むことが大事。そのためには、食事処の充実を。
(2) ふるさと歴史館の代わりに、八間道路の空き店舗に鹿の子遺跡の出土品を年代順に並べたらどうか。
(3) 石岡は水が魅力。特に酒。歴史と酒を絡めたまちづくりができないか。
(4) 茅葺民家など今ある資源を生かしたまちづくりを考えるべき。
(5) フルーツ狩りやフラワーパークに来る観光バスなどがまちなかにも寄れる仕組みは出来ないか。
(6) 看板建築や国分寺をサイクリングできるようなルートをつくり、それが八郷地区までつながれば良い。

第5回タウンミーティング

【開催団体】守横町内会
【テーマ】安全・安心のまちづくり

平成27年10月30日(午後7時~9時)に国府地区公民館で開催しました。
守横町内会の皆さん23名の参加がありました。

『H27.10.30タウンミーティング1』の画像 『H27.10.30タウンミーティング2』の画像

【出された主な意見】
(1) 石岡地区の防災行政無線が整備されたが、聞き取りにくい。気象状況の違いなど、多くのデータを分析して調整してほしい。
(2) 市職員が避難所の開設をしているが、水戸市のように一般の人に委嘱してはどうか。また、夜間の非常時のために、民間施設の開設はできないか。
(3) 住宅が密集しているので、火事の時に延焼を防ぐ効果的な対応策はないか。
(4) 補助金を出して地区の自主防災組織を推進しているようだが、組織率を上げる工夫が必要。
(5) 旧市街地の人口減少が著しく、おまつりの年番町を引き受けることが難しくなっている。年番町も含め「おまつりのあり方」自体を検討すべき。
(6) 観光客のためにお祭りの駐車場を新たに確保したが、駅前から遠いのでシャトルバスを出せないか。
(7) 茨城空港と都内を結んでいるバスなどは、BRTの区間を走らせて料金を徴収するようなシステムができないか。
(8) 空き家が多くなってきているが、防犯上からも行政代執行ができないか。

第6回タウンミーティング

【開催団体】恋瀬・瓦会地区の皆さん
【テーマ】公共施設(跡地)の有効活用

『タウンミーティング_27_2』の画像

参加者は11人、座談会方式で行いました。
市長から、合併10周年記念式典で披露した「市民憲章」・「市民の日」・「ふるさと大使」・「マスコットキャラクター」・「市民の歌」の説明と思いが伝えられました。
今回は、旧有明中学校跡地の利用方法について、地域性も含め活発な意見が出されました。

【恋瀬・瓦会地区の皆さんからの意見】

(1)若い人(小・中学生含む)が遊ぶ場所がない。旧有明中学校跡地を利用できないか。ボルダリングなど珍しいものが良い。
(2)人を呼ぶ込むイベント(花火大会・盆踊り・市民の日)や継続的な直売所のようなものが欲しい。
(3)グラウンドの芝・トイレ・ステージを整備してイベント広場としたい。
(4)バス停を利用し、山登り観光につなげてはどうか。恋瀬サイクリングロードやトレイルランなどと関連づけたい。
(5)維持管理は、NPOを立ち上げて維持していくのが良い。
(6)区長さんなどを含め、跡地利用の検討組織を立ち上げ、企画立案をしていきたい。

第7回タウンミーティング

【開催団体】葦穂地区の皆さん
【テーマ】まちづくり

『タウンミーティング28_4』の画像
参加者は15人、座談会方式で行いました。
市長から、県市長会で視察した福島県双葉町の廃墟となってしまった街並みの様子や市で制作した「市民の歌」などの紹介があり、改めてふるさとのありがたさを伝えました。
参加者からは、防災やイノシシ対策について活発な意見が出されました。

【葦穂地区の皆さんから出された意見】
(1)災害時、地区の情報が分かるとよい。
(2)八郷地区は裏山などが多く、土石流などの心配もある。住民の避難訓練を定期的にやるべき。
(3)石岡駅が新しくなったが、若者はつくば駅を利用する人も多い。若い世代の流出が危惧される。より市の魅力をPRし、若い世代が住みやすい環境作りが必要。
(4)イノシシ対策が急務。農作物・農地への被害が多い。環境破壊や耕作放棄地の増加など、農業の衰退の一因となっている。
(5)中学校のスクールバスの利用者が少なくなっている。バスの小型化や利用実態に応じた見直しが必要。

第8回タウンミーティング

【開催団体】根小屋地区の皆さん

『タウンミーティング28_5』の画像
参加者は17人、座談会方式で行いました。
市長から、3月に移転・開院する新土浦協同病院についての話や、根小屋地区もコースになっているつくばねマラソン大会、新年度予算編成について話がありました。
参加者からは、パラボラアンテナの見学や通学路の整備などについて活発な意見が出されました。

【根小屋地区の皆さんから出された意見】
(1)県畜産センター敷地内に設置しているパラボラアンテナの見学を実施してほしい。
(2)「イノシシ捕獲用の檻」が不足している。増設してほしい。
(3)学童保育を受け入れる際の基準・規程の見直し(預かり時間の延長や流動的な対応、入所者の条件の緩和)
(4)「やさとそば街道」に協賛している店舗を対象に、スタンプラリーを実施してはどうか。
(5)通学路の排水路への蓋がけをするなど、通学路の整備を行ってほしい。
(6)小児のインフルエンザ接種で、2回目に対しても助成をしてほしい。

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは秘書広聴課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-5276

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?