防災・危機管理ポータルサイト

弾道ミサイル落下時の行動等について(平成31年1月8日現在)

 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に取るべき行動について皆様にお知らせします。

『リーフレット』の画像

 

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合の情報伝達

 ・弾道ミサイルは,発射から極めて短時間で着弾します。

 ・ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は,Jアラート(全国瞬時警報システム)を活用して,防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか,緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

 ※Jアラート(全国瞬時警報システム)・・・弾道ミサイル情報,大津波警報,緊急地震速報などの緊急情報を,人工衛星を用いて国から送信し,市町村の防災行政無線や緊急速報メールシステム等を自動起動させるもので,国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

 

弾道ミサイルが飛来する可能性がある場合でJアラートにより緊急情報を伝達する地域 

『送信地域1』の画像

『送信地域2』の画像

 

メッセージが流れた直後に取るべき行動

屋外にいる場合

 ・建物の中,又は地下に避難してください。

 ・近くに適当な建物がない場合は,物陰に身を隠す地面に伏せ頭部を守ってください

屋内にいる場合

 ・できるだけ窓から離れ,できれば窓のない部屋に移動してください。 

 

Jアラートによる情報伝達のメッセージの変更(平成31年1月8日現在)

 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合におけるJアラートによる情報伝達について,伝達する文言が次のとおり変更されました。

 なお,下記のメッセージは,状況に応じ,変更する可能性があります。

『メッセージ1』の画像『メッセージ2』の画像『メッセージ3』の画像  

 

弾道ミサイル落下時に取っていただきたい行動の例(避難訓練の場面から)

写真資料

弾道ミサイル落下時に取っていただきたい行動の例(避難訓練の場面から)(新しいウインドウで開きます)

動画資料 ※外部のウェブサイトに移動します。

Jアラート概要,避難行動の必要性及び避難行動の原則について(新しいウインドウで開きます)

屋外にいる場合に取るべき避難行動の例 その1(東京都文京区訓練)(新しいウインドウで開きます)

屋外にいる場合に取るべき避難行動の例 その2(福岡県福岡市訓練)(新しいウインドウで開きます)

屋外にいる場合に取るべき避難行動の例 その3(愛媛県西条市訓練)(新しいウインドウで開きます)

近くに建物がない場合に取るべき避難行動の例(新潟県燕市訓練)(新しいウインドウで開きます)

屋内にいる場合に取るべき避難行動の例(新潟県燕市訓練)(新しいウインドウで開きます)

 

内閣官房「国民保護ポータルサイト」

●内閣官房「国民保護ポータルサイト」にて,弾道ミサイル落下時の行動について掲載されていますので,ご参照ください。

 内閣官房「国民保護ポータルサイト」(新しいウインドウで開きます)

●「弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動について」の英語,中国語,韓国語,スペイン語,ポルトガル語及びベトナム語版が作成され,国民保護ポータルサイトの英語版ページに掲載されています。
 また,「弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動に関するQ&A」「Jアラートによる情報伝達について」及び「弾道ミサイル落下時の行動(リーフレット)」についても,英語,中国語及び韓国語版が作成され,同ポータルサイトに掲載されていますので,ご参照ください。

 内閣官房「国民保護ポータルサイト 多言語版」【Other languages】(新しいウインドウで開きます)

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは防災対策課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-3684

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?