楽しむ・学ぶ

石岡市立ふるさと歴史館 第23回企画展 古墳出現

「あっ、弥生の土器の上に、土師器の小さな甕がのってみつかったぞ」
外山遺跡(南台)の発掘調査中、担当者は思わずそう声を上げてしまったといいます。昭和55年、今から40年前のことです。
弥生時代の石岡では、縄目で文様をつけた土器が使われていました。その土器の上に、文様がない古墳時代の土器「土師器」がのっていたのです。石岡における「古墳時代の幕開け」を目の当たりにした現場です。
その後、近年では、佐久上ノ内遺跡や弥陀ノ台遺跡(小井戸)、中島遺跡(染谷)などの発掘調査が行われ、弥生時代から古墳時代への移行期の集落や、王の住まいと考えられる「豪族居館」の様子がわかってきました。
また、長堀2号墳や佐自塚古墳といった古い時期の古墳(前期古墳)の測量調査も行われ、柿岡・佐久地区は「常陸屈指の前期古墳の集中域」と評価されています。
今回の企画展では、弥生時代から古墳時代にかけての集落や墳墓の調査成果を紹介するとともに、石岡における「古墳の出現」を考えてみたいと思います。

※新型コロナウイルス感染症対策として、入館の際はマスクの着用、手洗いや消毒等の感染予防の徹底にご協力ください。

場所

石岡市立ふるさと歴史館(石岡市総社1-2-10 石岡小学校敷地内)

期間

令和2年10月7日(水)~令和2年12月27日(日)
午前10時~午後4時30分
※休館日:月曜日(祝祭日のときはその翌日)

案内チラシ

ファイル名 形式 ファイルサイズ
案内チラシ

2.77MB

 『企画展23』の画像(新しいウインドウで開きます)

解説冊子

ファイル名 形式 ファイルサイズ
解説冊子

準備中

次回の企画展

第24回企画展(令和3年1月~)

 

過去の企画展

過去の企画展情報 

 

Adobe readerダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(外部へリンクします)が必要です。
お持ちでない方は,左のボタンをクリックしてAdobe Reader(外部へリンクします)をダウンロード(無料)してください。

関連ファイルダウンロード

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?