文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

健康・福祉

医療・補装具の援助について

自立支援医療(更生医療)とは

障害を除去したり、障害の程度を軽くするために必要な医療(角膜手術・関節形成手術・外耳形成手術・心臓手術・人工透析・中心静脈栄養法・免疫の機能の改善など)を指定医療機関で受けることができます。

対象者

18歳以上で身体障害者手帳を持っている人

手続き(申請に必要なもの)

  • 身体障害者手帳
  • 自立支援医療(更生医療)意見書
  • 健康保険証
  • 印鑑

注意

※必ず医療を行う前に窓口にて申請してください。所得により所得制限及び自己負担があります。また、この医療を受けるには、茨城県福祉相談センターの判定が必要ですので、事前に相談してください。

利用者負担

原則として、保険診療分の1割が自己負担となります。(治療の内容や収入の状況によって、1か月の負担額に上限が設定される場合があります。)

 

自立支援医療(精神通院)とは

精神疾患の治療のために医療機関へ通院する場合、医療費の9割を医療保険と公費で負担する制度です。

対象者

精神障害及び当該精神障害の治療に関連して生じた病態や当該精神障害の症状に起因して生じた病態に対して通院されている方(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第5条に規定する精神疾患を理由として、通院医療を継続的に要する方)

手続き(申請に必要なもの)

  • 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
  • 自立支援医療費用診断書(精神通院)

通院中の医療機関の主治医と相談し、記載してもらって下さい。様式は茨城県のホームページからダウンロードできます。

  • 「世帯」の確認ができる書類

健康保険者証の写し(本人と家族のものが必要です)。写しでも結構です。

  • 所得等の確認できるもの(自己負担上限額の決定のために必要です)

※市町村民税課税証明書または非課税証明書(継続して石岡にお住まいの方は不要です。)
※市町村民税非課税世帯の場合は、受給者(18歳未満の場合は保護者)の収入が分かる書類

  • 印鑑(認印で結構です)
  • 個人番号(マイナンバー)がわかるもの
  • 写真付きの身分証明書(運転免許証など)

  

補装具交付・修理

身体障害者手帳をお持ちの方の失われた機能を補って、必要な身体機能を獲得させ、又は補うために用いられる用具(補装具)の購入・修理に関する費用の補助を行う制度です。

補装具とは

身体の欠損又は損なわれた身体機能の補完、代替するもので、障害個別に対応して設計、加工されたもの。身体に装着(装用)して日常生活又は就学、就労に用いるもので、同一製品を継続して使用するもの(治療用装具は除く)。給付に際して、専門家や知見(医師意見書)をようするもの。

対象者

身体障害者手帳をお持ちの方(各補装具に応じた障害者手帳が必要です)

手続き(申請に必要なもの)

  • 身体障害者手帳
  • 申請書
  • 補装具の種類によっては身体障害者更生相談所での判定や医師の意見書が必要な場合があります。
  • 印鑑(認印で結構です)
  • 見積書 他

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは社会福祉課です。

本庁舎 1階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-27-5835

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る