文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

くらし・市政

定例記者会見-平成24年4月11日-

画像:4月11日定例記者会見風景1画像::4月11日定例記者会見風景2

4月11日定例記者会見風景

本日は,お忙しい中お集まりいただきまして,ありがとうございます。
ここ数日,急に暖かくなりまして,桜の花も一斉に咲き始めました。
私も,一昨日・昨日と市内の小中学校の入学式に出席させていただきましたが,新入生の皆さんも,桜の花のもとで,清々しいスタートを切れたことと思います
市といたしましても,先日閉会いたしました第1回石岡市議会定例会におきまして,平成24年度の予算をすべてご承認いただきまして,4月から事業をスタートさせているところでございます。
24年度の主な事業を挙げますと,リーディングプロジェクトにも掲載させていただきましたが,まず第一に災害対策といたしまして,防災無線の整備を進めてまいります。八郷地区にはすでに導入されておりますが,石岡地区にも導入すべく,今年度その実施設計を行うほか,すべての避難所に防災倉庫を設置し,災害に備えてまいります。
3月11日の震災の際には,情報の提供が少なかったとして市民の皆さまから批判をいただきました。市民の皆さんも情報が届けば不安は減ると思いますので,防災無線を早急に整備してまいりたいと考えております。なお,防災無線が整備されるまでは,拡声器を装着した広報車を増やして対応してまいります。
また,石岡の将来を担う子どもや若者への支援といたしましては,子どもの予防接種費用への助成拡大や,地域子育てセンターの増設,また,小中学校に順次空調設備を導入していくことなどにより,子育て・教育世代への支援を強化してまいります。なお,建設中の八郷中学校につきましても,校舎が7月中には完成する予定となっておりますので,その後引き続き武道館の建設に入ります。
ハード面では,石岡市の顔であります石岡駅につきましては,駅舎のデザインを決定し,駅舎と東西自由通路の詳細な設計を行うとともに,西口駅前広場の整備を進めてまいります。
また,年内の供用開始を予定しております朝日トンネルの開通に合わせまして,観光施設の充実を図ります。
まず,やさと温泉ゆりの郷ですが,ゴールデンウィーク明けの5月中旬より,3ヵ月ほど休業いたしまして,大規模リニューアル工事を行います。
具体的には,内風呂の改修,露天風呂への寝湯の増設,脱衣所の増築,個室休憩室として使っている和室の増築,ロビー・レストラン・調理室の改修などでございます。
また,フラワーパークにつきましても,駐車場にございます物産館をリニューアルし,軽食が食べられるフードコートに改修するほか,新たにトイレを設置することで,道の駅的な機能が付加されるものと考えております。
これら観光施設の充実を図り,また,トンネル開通に合わせたイベントも開催していきたいと考えておりますので,トンネル開通は年内とのことですが,石岡市の豊かな果物の時期に間に合うよう県へ要望してまいります。それらの取り組みによって,地域の活性化を図ってまいります。
平成24年度の主な事業につきましては以上でございます。
それでは,会見項目に移らせていただきます。

組織の見直しについて

初めに,組織の見直しについて,ご説明させていただきます。
現在,石岡市が直面する課題に対しまして迅速かつ的確に対応していくため,この4月に,2つの部署を新設いたしました。
まずは,「地域ブランド推進室」の設置でございます。
この部署は,石岡が誇る農産物などの地域資源を活かし,それらの情報を発信していくことによりまして,石岡市のイメージアップ,交流人口の拡大及び地域の活性化を図ることを目的として設置いたしました。
「地域ブランド推進室」の所属部といたしましては,市長室とし,地域ブランド推進室長以下,3名の人員を配置いたしました。
次に,企画部企画課に「庁舎建設推進室」を設置いたしました。
市の本庁舎につきましては,昨年の東日本大震災で大きな被害を受け,現在3階・4階を使用禁止とし,プレハブ庁舎で対応しておりますが,今後,本格的な検討を進めていくに当たり,担当部署を明確にしたものでございまして,今年度から,庁舎の基本的なの計画を考えてまいりたいと思っております。
「庁舎建設推進室」の人員は2名で,企画課の課長補佐と係長が兼務で担当いたします。

いしおかの魅力創造事業について

続きまして,2項目目,「いしおかの魅力創造事業」についてでございます。2月の記者会見の際に,予算(案)に関しまして,ご質問をいただきましたが,詳しくお答えすることができませんでしたので,今回,改めて説明させていただきたいと思います。
1項目目で申し上げました「地域ブランド推進室」が担当いたしますこの事業は,石岡市の品質の良い農産物等を使ってオリジナルのスイーツを創作することにより,原発事故による風評被害の払しょくや農産物のイメージアップ,及び新たな市場開拓を図るとともに,地域ブランド・石岡ブランドを発信することで,石岡市の魅力アップ・イメージアップを目指す事業でございます。
具体には,今年度は,2つのポイントから事業戦略を進めてまいります。
1点目は,加工用の果物を供給できるシステムの構築を目指す戦略でございます。農産物の地産地消を進めていくにあたり,市内の菓子店からは,皮をむく,ペースト状にするといった1次加工を求める声が多数ございました。また,農家・生産者の立場からすると,規格外のものなどは売り物になりませんので,知人などに無償で贈ったりしている現状があります。今回の事業では,規格外のもの等を活用し,農家と菓子店の双方にメリットとなるよう,1次加工して供給できるシステムの構築について,農協や市内の加工業者と連携を進めてまいります。
2点目の戦略は,石岡オリジナルスイーツを創作でございます。この事業の実施に当たりましては,一昨年のNHKの番組以来,当市にご協力をいただいております,世界的に有名なパティシエであります辻口博啓氏にご監修をいただく予定となってございます。
具体には,辻口氏より,石岡市の農産物を使ったスイーツのレシピ3点を提供していただき,市内の菓子店とともに「石岡オリジナルスイーツ」を創作するものでございます。スケジュールとしましては,今年を前期・後期に分け,前期は7月ごろに,後期は11月ごろを目途に,スイーツを創作していく予定となっております。
いずれにいたしましても,この「いしおかの魅力創造事業」は,今年度のソフト事業の目玉でありますので,地域ブランド推進室を中心に,市長室・経済部の市職員はもとより,農協,商工会議所・商工会,菓子店等が一体となって事業を進めてまいりたいと考えておりまして,昨日も私自ら関係機関に協力を依頼してまいりました。

JR水戸支社との災害協定の締結について

続きまして,3項目目,JR水戸支社との災害協定の締結につきまして,お知らせいたします。
石岡市とJR東日本水戸支社とは,東日本大震災を教訓としまして,地震等の大規模災害が発生した場合の対応についての基本事項を定めました,「地震等大規模災害に関する基本覚書」を締結することで合意いたし,現在,事務手続きを進めております。
主な内容としましては,緊急時の連絡体制の確立,避難所の指定,誘導時の役割の明確化,災害の発生に備えた訓練の実施,などでございます。
県内では,龍ヶ崎市など8市が既に締結しており,石岡市は9番目となります。今後,さらに詳細な確認書の締結に向け,具体的な協議を進めてまいります。
続いて,イベント情報でございます。

風土記の丘さくらまつり

まず,常陸風土記の丘「さくらまつり」についてでございます。
例年開催しておりますが,常陸風土記の丘では,4月30日まで「さくらまつり」を開催中でございます。ソメイヨシノに始まり,シダレザクラ,八重ザクラと,1か月にわたって桜をお楽しみいただけます。
特にシダレザクラは,一昨年にシダレザクラのもとで記者会見を開催させていただきましたので,記憶にある記者の方もいらっしゃると思いますが,大変見事なものでございます。
「さくらまつり」の期間中は,甘酒の無料サービスなどの各種イベントが開催されるほか,折り畳みテーブルやレジャーシートの無料貸し出しサービスも行っておりますので,皆様お誘い合わせのうえ,ご来場いただきたいと思います。なお,期間中は休み無しで開園いたしております。

茨城県フラワーパークついて

次は,茨城県フラワーパークの情報でございます。
フラワーパークでは「フラワーフェスティバル」を,4月21日から,5月13日まで開催いたします。
シャガ,ボタン,ツツジ,シャクヤクなどの花々をお楽しみいただけます。期間中は休まず営業しており,特にゴールデンウィークには様々なイベントを予定しております。また,展望台や花の滑り台などもお楽しみいただけますので,ご家族皆さんでお越しいただければと思います。

石岡市観光巡回車「石岡ぐるりん」

続いて,石岡市観光巡回車「石岡ぐるりん」の運行についてでございます。
1月に愛称を募集し,「石岡ぐるりん」に決定いたしました,石岡市の観光巡回車につきましては,4月から6月までの毎週土曜・日曜及び祝日に,1日7便運行いたします。コースとしましては,JR石岡駅を起点といたしまして,常陸風土記の丘,朝日里山学校,フラワーパーク,やさと温泉ゆりの郷を巡回いたします。詳細な時刻表につきましては,チラシの裏面をご覧ください。
1日フリー券は,中学生以上の大人が1,000円,小学生が500円,6歳未満の乳幼児は無料でございます。また,障害をお持ちの方とその介護者はそれぞれ半額でございます。乗車券は,石岡駅前の観光案内所,及び観光巡回車が停車する各施設で販売いたしております。
一般の交通機関よりは安価に乗車できますので,JRでお越しの皆さまには,ぜひご活用をいただければと思います。

第42回茨城県高浜釣大会

最後に,「第42回茨城県高浜釣大会」のご案内でございます。
日時は,4月15日,今度の日曜日でございまして,午前5時より開始し,午後1時までとなっております。表彰式は,午後2時ごろより高浜駅前で行う予定となっております。表彰式にはぜひ私も出席させていただく予定でおります。
昨年は震災の影響により中止となりましたので,今年は2年ぶりの開催でございます。参加費は無料で,釣った魚の大きさ・重さ・数量により豪華な景品を多数ご用意いたしておりますので,釣り愛好家の皆さんには,存分にその自慢の腕を競っていただければと思います。

本日の説明は以上でございます。

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは秘書広聴課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-5276

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る