文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 市長の部屋>
  3. 市長のプロフィール

市長の部屋

市長のプロフィール

 

 市長プロフィール

『市長(プロフィール用)』の画像  

就任のごあいさつ

このたび、新たに市長の重責を賜りました、谷島洋司です。

私は今回の市長選挙を通じて「共生・共育・共働のまちづくり」というスローガンを掲げて参りました。多くの市民の皆さまの負託を得て市長に就任させていただきますことから、今後の市政運営においてもこのスローガンを基本とし、共に生きる(ひとりも取り残さない)・共に育つ(地域の教育力を活かす)・共に働く(力を合わせる)、そのような社会の実現に向け、まい進して参ります。

そのために、まず市議会・市職員と風通しの良い関係を構築し、共に協力しながら、常に「市民目線」で市民の声を聴き、石岡市のために全力で政策・課題に取り組んでいく所存です。

「夢のある石岡」を実現するため、市民の皆さまと力を合わせ、市長という大任を全うして参りたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月26日

谷 島 洋 司

 

氏名

谷 島 洋 司 (やじま ようじ)

生年月日 昭和38年1月24日

 主な経歴

昭和61年3月 立正大学経済学部 卒業
昭和61年4月 郵政省(大臣官房主計課、関東郵政局等)
平成9年6月 瓦会郵便局長 就任
平成25年12月 石岡市教育委員 就任
平成31年1月 茨城県議会議員 就任
令和2年4月 石岡市長 就任

 

副市長プロフィール

『田所副市長』の画像  

就任のごあいさつ

4月1日付けで副市長を拝命いたしました田所でございます。

石岡市は、奈良時代より常陸国の国府・国分寺が置かれ、1300年の歴史と伝統文化を誇る県内有数の都市であり、加えて、筑波山麓や霞ケ浦などの恵まれた自然に囲まれ、魅力的な生活環境を有するところと認識しております。
全国的に進む人口減少と産業構造、生活様式の変化などの課題に対しましては、良質かつ持続可能な公共サービスの提供、市民や地域コミュニティなどとの協働のまちづくりを推進するなど、石岡市の掲げる「石岡ゆめ創生プラン」の実現に向けて、市長を補佐するとともに、これまでの県職員生活で築いた人的なネットワークなども活かして、市の更なる発展に尽力してまいります。

市民の皆様には、ご指導ご鞭撻をお願い申し上げまして、就任のご挨拶とさせていただきます。

令和3年4月1日 

田 所  和 弘 

 

氏名 田 所 和 弘 (たどころ かずひろ)
生年月日 昭和36年11月24日

 主な経歴

昭和60年3月 茨城大学人文学部 卒業
昭和60年4月 茨城県庁 入庁
平成22年4月 生活環境部生活文化課課長補佐(総括)
平成23年3月 総務部地域支援局市町村課副参事
平成25年4月 商工労働部観光物産課国際観光推進室長
平成27年4月 政策監
平成28年4月 中央病院事務局長
平成31年4月 病院局長
令和2年4月 労働委員会事務局長
令和3年4月 石岡市副市長 就任

 

教育長プロフィール

『教育長プロフィール画像』の画像

氏名 児島 裕治(こじま ゆうじ)
生年月日 昭和32年12月13日

 主な経歴

昭和55年4月 稲敷郡東村立西中学校 勤務
平成18年4月 石岡市立石岡中学校 教頭
平成20年4月 かすみがうら市立新治小学校 校長
平成26年4月 石岡市立石岡小学校 校長
平成30年3月 石岡市立石岡小学校 退職
令和元年12月 石岡市教育委員会教育長 就任
令和2年12月 石岡市教育委員会教育長 再任

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは秘書広聴課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-5276

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る