文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

まちづくり

自主防災組織の設立について

 東日本大震災のような大規模災害が発生した場合,一人の力ではその対応に限界があります。自主防災組織とは住民が区や自治会,町内会単位などで各地域の実情に応じて,組織化し,自主的に連帯して防災活動を行う集まりのことです。
 平常時から市民が互いに協力し合い,災害発生時には「自分たちの地域は自分たちで守る」という自助・共助の考えのもと,協力し合うことで被害を最小限にとどめ,いち早く地域の再生につなげることができます。ぜひ地域で話し合いを行い,自主防災組織への理解を深めましょう。
 石岡市では自主防災組織の結成に対して,補助金を用意し,結成の後押しをしています。地域の防災対策の強化のために,ぜひご活用ください。

自主防災組織の規模

 自主防災組織の規模は,地域の方々が最も効果的に活動を行われるよう,実情に応じて決められます。地域として連帯感がわき,効果的に活動が行える範囲,日常生活において一体性がある範囲など,様々な基準がありますが,町内会や小学校区などでの範囲による結成が一般的です。

自主防災組織の活動・役割

【平常時】
・防災知識の普及     ・地域の災害危険の把握
・防災訓練        ・防災資機材等の点検整備

【災害時】
・情報の伝達及び収集   ・出火防止,初期消火
・避難誘導        ・救出,救護
・給食,給水       ・避難所運営

規約を作成

 自主防災組織を設置した根拠などを明確にし,参加する人同士お互いの意志を確認するため,規約をつくります。組織の目的,活動内容や役員の選任,防災計画の策定などについて明記します。

役割分担

 迅速かつ効果的に活動するために,組織内での役割分担を明確にします。一般的には次のような編成が考えられます。
 (ア) 会長(組織を取りまとめる)
 (イ) 情報班(情報の収集,伝達,広報活動を行う)
 (ウ) 消火班(出火防止,消火器などによる消化活動を行う)
 (エ) 救出・救護班(負傷者などの救出・救護活動を行う)
 (オ) 避難誘導班(避難誘導活動を行う)
 (カ) 給食・給水班(水,食料などの配分,炊き出しなどを行う)
 ※各班ごとに班長を置きます。

市の補助金

 自主防災組織の新規設立に対し,1団体5万円を上限に補助金を交付します。
 交付要綱をご確認ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは防災対策課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-3684

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る