文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

くらし・手続き

雨水が汚水管に流れていないか確認しましょう

石岡市の下水道(農業集落排水)は「分流式」です

石岡市の下水道・農業集落排水は、汚水は「汚水管」で、雨水は「水路など」で別々に流す「分流式」です。

 

雨の日の汚水量が晴れの日に比べて増えています

みなさんが、トイレ・お風呂・台所などで使用した排水(汚水)は、汚水管を通じて処理場へ流れ、適切に処理された後、きれいな水となって川や海に帰しています。

ところが、雨の日になると晴れの日より汚水量が増え、その汚水が下水処理場へ流れ込んでしまい、処理場で処理に困っている状況です。

この原因のひとつとして、住宅などの屋根や庭に降った雨水が誤って「汚水管」につながれていること(誤接続)が考えられます。

 

雨水を汚水管に流すと逆流や水質悪化のおそれがあります

雨どいや庭などからの雨水を、宅地内の汚水ますや汚水管に流すと、大雨の日は下水処理場の能力を超えてしまうおそれがあります。具体的には、

● 道路上のマンホールや、宅地内の汚水ますから汚水があふれてしまう

● 各家庭の汚水が流れにくくなったり、逆流してしまう

● 下水処理場で汚水を適切に処理しきれず、川や海の水質を悪化させてしまう

といったことが起こるおそれがあります。

 

雨水が汚水管に流れていないか確認してみましょう

宅地内で、雨水が入ってくる可能性がある場所を確認し、雨水が入らないようにしましょう。

◎雨どいが「汚水管」「汚水ます」に誤接続されていませんか?

「雨どい」からの雨水は「雨水ます」などにつなげてください。



◎「外流し」に雨水が流入していませんか?

「外流し」を汚水管に接続するときは、雨水が流れ込まないように、必ず「屋根」を設置しましょう。

「雨どい」からの雨水を、汚水管に接続している「外流し」につながないようにしましょう。

 

◎建物の増築・改築のときは誤接続に特に注意しましょう

建物の増築・改築のときは特に誤接続が起こりやすいので、図面などで汚水管の接続先を確認するようにしましょう。

 

石岡市の不明水対策

下水道の汚水管きょに、何らかの原因で流入する雨水や地下水のことを「不明水」といいます。

雨の日の汚水量が晴れの日に比べて増える原因には、道路に埋設されている下水道管の老朽化によってできた「ひび」「すき間」「マンホール蓋の破損」なども考えられます。

市では、下水道管の長寿命化工事などにより、下水道管に流入する地下水を減らす対策を行っています。

 

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは下水道課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-6070

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る