文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 楽しむ・学ぶ>
  3. 歴史・文化>
  4. 8月25日に「石岡市文化財調査報告会」を開催します

楽しむ・学ぶ

8月25日に「石岡市文化財調査報告会」を開催します

平成29年4月,石岡市に新たな指定文化財が誕生しました。石岡地区鹿の子3丁目に存在する「鹿の子大塚山古墳」です。径約30mの円墳で,古墳時代終末期(7世紀前半)の築造と考えられる古墳です。7世紀後半には,南東約2km、現在の石岡小学校の地に常陸国府が建設されます。鹿の子大塚山古墳は,国府に近い古墳で,しかも築造されたのは国府建設の直前。古墳から古代国家への動向を考えるうえで,鍵となる古墳と言えます。
また,平成30年2月には,東日本第2位の規模を誇る国指定の前方後円墳である舟塚山古墳の最新の測量調査・探査の成果が発表されました。その成果によれば,埋葬施設はこれまで想定されていた石棺ではなく,木棺を粘土でくるんだ粘土槨の可能性が高いとされ,これまでの見解に大きな変更を迫るものとなりました。
そこで,第4回となる「文化財調査報告会」では,最新の古墳調査について特集いたします。

開催日 

2018(平成30)年8月25日(土)

会 場

常陸風土記の丘 研修室(石岡市染谷1646)

定 員 

先着50人(直接会場にお集まりください)

プログラム

10:00 丸山古墳・佐自塚古墳出土のガラス小玉について  加藤千里(上高津貝塚ふるさと歴史の広場)
10:40 鹿の子大塚山古墳  谷仲俊雄(石岡市教育委員会)
11:20 かすみがうら市愛宕山古墳群とその周辺  大久保隆史(かすみがうら市歴史博物館)
12:00 休憩
13:00 石岡市舟塚山古墳からみた5世紀の大変革  田中 裕(茨城大学人文社会科学部)
15:00 関連展示「石岡を掘る」展示解説

『第4回文化財調査報告会チラシ』の画像(新しいウインドウで開きます)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 3階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表)

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る