文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

くらし・手続き

わがまち特例による特例措置

 わがまち特例とは、地方税法の定める範囲内で、地方団体が特例措置の内容(期間や割合)を条例で定めることができる仕組みです。石岡市税条例において、対象となる償却資産の軽減割合を下記の通り定めておりますのでお知らせいたします。

 

申告の方法

 以下の特例に該当する資産を申告する場合は、通常の申告書に加え、特例適用申告書を併せて提出してください。

 なお、申告の際には関係各省庁・機関の発行する認定書の写しや施設の設計書・仕様書の写し等を必要とする場合がございます。提出書類の詳細につきましては、固定資産税担当まで事前にお問い合わせください。

 

水質汚濁防止法に係る汚水又は廃液の処理施設(地方税法附則第15条第2項第1号)

対象となる資産  汚水又は廃液処理施設とは、水質汚濁防止法に規定する特定施設又は指定地域

         特定施設を設置する工場又は事業場の汚水又は廃液を処理する施設のことをい

         います。ただし、軽減の適用は新設されたものに限ります。

         例)沈殿又は浮上装置・油水分離装置・汚泥処理装置・濾過装置・バーク処理 

           装置など

取得時期     平成3041日から令和2331日までに取得した資産 

軽減割合・期間  軽減適用年度以降、継続的に課税標準額を1/2に軽減

 

大気汚染防止法に係る指定物質の排出・飛散抑制施設(地方税法附則第15条第2項第2号)

対象となる資産  指定物質排出抑制施設とは、大気汚染防止法に規定する指定物質(ベンゼン、

         トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン)排出施設から、当該物質の排出

         又は飛散を抑制するための施設のことをいいます。ただし、軽減の適用は新設 

         されたものに限ります。

         例)テトラクロロエチレン系溶剤を使用するドライクリーニング機に係る活性

           炭吸着回収装置  

取得時期     平成3041日から令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  軽減適用年度以降、継続的に課税標準額を1/2に軽減

 

下水道除害施設(地方税法附則第15条第2項第6号)

対象となる資産  除害施設とは公共下水道の機能を妨げ又は損傷するおそれのある下水を排出し

         ている使用者が、下水道法施行令で定める基準に従い、下水の障害を除去する

         ために設けた施設のことをいいます。ただし、軽減の適用は新設のものに限り

         ます。

         例)沈殿又は浮上装置・油水分離装置・汚泥処理装置・濾過装置・中和装置など 

取得時期     平成3041日から令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  軽減適用年度以降、継続的に課税標準額を3/4に軽減

 

雨水貯留浸透施設(地方税法附則第15条第8項)

対象となる資産  雨水貯留浸透施設とは、特定都市河川浸水被害対策法に規定する浸水被害を防

         止するため、雨水を一時的に貯留し、または地下に浸透させる機能を有した施

         設のことをいいます。

         例)透水性舗装・浸透ます・浸透トレンチ・貯水施設など

取得時期     平成3041日から令和3331日までに取得した資産

軽減割合・期間  軽減適用年度以降、継続的に課税標準額を3/4に軽減

※現在、石岡市においては特定都市河川浸水被害対策法に規定する特定都市河川はないため、特例の対象となる資産はありません。

 

都市再生緊急整備地域内の公共施設及び一定の都市利便施設(地方税法附則第15条第19項)

対象となる資産  公共施設及び一定の都市利便施設とは、都市再生特別措置法に規定する認定事

         業者が都市再生緊急整備地域において、一定の認定事業により取得した公共施

         設及び一定の都市利便施設のことをいいます。

         例)公園・広場・緑化施設・通路など

取得時期     平成2741日から令和3331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より5年間 課税標準額を3/5に軽減

  

特定都市再生緊急整備地域内の公共施設及び一定の都市利便施設(地方税法附則第15条第19項)

対象となる資産  公共施設及び一定の都市利便施設とは、都市再生特別措置法に規定する認定事

         業者が特定都市再生緊急整備地域において、一定の認定事業により取得した公

         共施設及び一定の都市利便施設のことをいいます。

         例)公園・広場・緑化施設・通路など

取得時期     平成2741日から平成31331日までに協取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より5年間 課税標準額を1/2

         軽減

 

津波対策用設備(地方税法附則第15条第29項)

対象となる資産  津波防災地域づくりに関する法律に規定する推進計画に基づき新たに取得され

         た津波対策用に供する償却資産

         例)防潮堤・護岸・胸壁・津波避難施設など

取得時期     平成2841日~令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より4年間 課税標準額を1/2

         軽減 

 

 津波防災に係る指定避難施設避難用部分(家屋)(地方税法附則第15条第30項第1号)

対象となる資産  津波防災地域づくりに関する法律に規定する津波防災計画区域において、施設

         所有者が管理する津波施設のことをいいます。

         例)施設の屋上・階段など

取得時期     平成3041日~令和3331日までに取得した資産

軽減割合・期間  指定日の属する年の翌年11日を賦課期日とする年度から5年度分

         課税標準額を2/3に軽減 

 

津波防災に係る管理協定の協定避難用部分(家屋)(地方税法附則第15条第30項第2号)

対象となる資産  津波防災地域づくりに関する法律に規定する津波防災計画区域において、管理

         協定が締結された津波避難施設のことをいいます。

         例)管理協定における施設の屋上・階段など

取得時期     平成3041日~令和3331日までに取得した資産

軽減割合・期間  指定日の属する年の翌年11日を賦課期日とする年度から5年度分

         課税標準額を1/2に軽減 

 

津波防災に係る管理協定の協定避難家屋(家屋)(地方税法附則第15条第30項第3号)

対象となる資産  津波防災地域づくりに関する法律に規定する津波防災計画区域において、管理

         協定が締結された津波避難施設のことをいいます。

         例)津波防災に係る管理協定の管理避難家屋など

取得時期     平成3041日~令和3331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象家屋に新たに固定資産税が課税された年度より5年間 課税標準額を1/2

         軽減 

 

指定避難施設に附属する避難用償却資産(償却資産)(地方税法附則第15条第31項第1号)

対象となる資産  津波防災地域づくりに関する法律に規定する津波防災計画区域において、施設

         所有者が管理する津波施設に附属する資産のことをいいます。

         例)誘導灯・誘導標識灯など

取得時期     課税年度から5年度

軽減割合・期間  期間なし 課税標準額を2/3に軽減

 

協定避難施設に附属する避難用償却資産(償却資産)(地方税法附則第15条第31項第2号)

対象となる資産  津波防災地域づくりに関する法律に規定する津波防災計画区域において、管理

         協定が締結された津波避難施設に附属する資産のことをいいます。

         例)誘導灯・誘導標識灯など 

取得時期     課税年度から5年度

軽減割合・期間  期間なし 課税標準額を1/2に軽減

  

特定再生可能エネルギー発電設備:太陽光発電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第1号イ)

対象となる資産  発電規模1,000キロワット未満の発電設備

取得時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を2/3

         軽減 

 

特定再生可能エネルギー発電設備:風力発電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第1号ロ)

対象となる資産  発電規模20キロワット以上の発電設備

取得時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を2/3

         軽減 

 

特定再生可能エネルギー発電設備:水力発電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第1号ハ)

対象となる資産  発電規模5,000キロワット以上の発電設備

取得時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を2/3

         軽減 

 

特定再生可能エネルギー発電設備:地熱発電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第1号ニ)

対象となる資産  発電規模1,000キロワット未満の発電設備

取得時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を2/3

         軽減 

 

特定再生可能エネルギー発電設備:バイオマス発電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第1号ホ)

対象となる資産  発電規模10,000キロワット以上20,000キロワット未満の発電設備

設置時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を2/3

         軽減 

 

特定太陽光発電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第2号イ)

対象となる資産  発電規模1,000キロワット以上の発電設備

取得時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を3/4

         軽減 

 

特定風力発電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第2号ロ)

対象となる資産  発電規模20キロワット未満の発電設備

適用時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を3/4

         軽減 

 

特定水力発電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第3号イ) 

対象となる資産  発電規模5,000キロワット未満の発電設備 

取得時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産 

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を1/2

         軽減  

 

特定地熱電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第3号ロ) 

対象となる資産  発電規模1,000キロワット以上の発電設備 

取得時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産 

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を1/2

         軽減 

 

特定バイオマス発電設備(償却資産)(地方税法附則第15条第33項第3号ハ) 

対象となる資産  発電規模10,000キロワット未満の発電設備 

取得時期     平成3041日~令和2331日までに取得した資産 

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より3年間 課税標準額を1/2に

         軽減 

 

浸水防止用設備(地方税法附則第15条第38項)

 対象となる資産  浸水防止用設備とは、水防法に規定する浸水想定区域内の地下街等の所有者又 

         は管理者が取得した浸水防止用の設備(ただし、「避難確保・浸水防止計画」 

         に記載されたものに限ります。)のことをいいます。  

         例)止水板・防水扉・排水ポンプ・換気口浸水防止機など 

取得時期     平成2941日から令和2331日までに取得した資産 

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より5年間 課税標準額を2/3 

         軽減 

 

誘導認定事業者が整備した公共設備等(地方税法附則第15条第40項) 

対象となる資産  公共設備とは、都市再生特別措置法に基づき認定誘導事業者が整備した公共施 

         設等の用に供する家屋及び償却資産のことをいいます。 

         例)公園・広場・緑化施設・通路など 

取得時期     平成2841日から令和2331日までに協定を締結した資産 

軽減割合・期間  対象設備に新たに固定資産税が課税された年度より5年間 課税標準額を4/5

         軽減  

 

特定事業所内保育施設(地方税法附則第15条第44項)

対象となる資産  子ども・子育て支援法に基づく政府の補助を受けて設置した事業所内保育に係

         る施設 

取得時期     平成2941日から令和3331日まで 

軽減割合・期間  対象施設が新たに課税された年度より5年間 課税標準額を1/2に軽減 

 

緑地保全・緑化推進法人が設置・管理する市民緑地(地方税法附則第15条第45項) 

対象となる資産  市民緑地の用に供する土地 

取得時期     令和3331日まで 

軽減割合・期間  3年間 課税標準額を2/3に軽減 

 

中小企業者の導入する生産性向上に資する先端設備(地方税法附則第15条第47項) 

対象となる資産  市の認定を受けた計画に基づき、生産性向上に資する先端設備 

取得時期     生産性向上特措法施行日~令和3331日まで 

軽減割合・期間  3年間 課税標準額を0に軽減 

 

サービス付き高齢者向け賃貸住宅(地方税法附則第15条の82号) 

対象となる資産  高齢者の居住の安全確保に関する法律に規定するサービス付き高齢者住宅であ

         る賃貸住宅 

取得時期     平成2741日から平成31331日までに取得した資産 

軽減割合・期間  対象家屋に新たに固定資産税が課税された年度より5年間 課税標準額を2/3 

         軽減 

 

家庭的保育事業,居宅訪問型保育事業及び事業所内保育事業の用に供する資産(家屋・償却資産)(地方税法第349条第28項,第29項,第30項) 

対象となる資産  家庭的保育事業の用に供する家屋及び償却資産 

設置時期     平成30年度以降の課税から適用 

軽減割合・期間  軽減適用年度以降 継続的に課税標準額を1/2に軽減

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは税務課です。

本庁舎 1階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22-3684

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る