文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. くらし・市政>
  3. 子育て・家庭>
  4. 妊娠・出産>
  5. 令和2年度不妊検査・一般不妊治療補助事業

子育て・教育

令和2年度不妊検査・一般不妊治療補助事業

令和2年度不妊検査・一般不妊治療補助事業 

石岡市では、不妊検査・一般不妊治療を受けた方に治療費の一部を助成しております。

詳しくは、各保健センターにお問い合わせください。

平成31年4月2日から令和2年3月31日の間に検査を開始し、令和2年4月1日以降に補助の対象となる検査または治療を受けた夫婦(事後申請)

令和2年4月1日以降に検査を開始する夫婦の方は、こちらのページにアクセスしてください。

対象となる不妊検査・不妊治療

医師が必要と認めた不妊検査、一般不妊治療(保険医療機関及び保険薬局において行った検査又は治療)

※ただし、次に掲げる治療は、助成の対象となりません。

(1)体外授精及び顕微授精によるもの(特定不妊治療の助成についてはこちら

(2)夫婦以外の第三者からの精子、卵子または胚の提供によるもの

(3)夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的な方法で注入して当該第三者が妻の代わりに妊娠又は出産するもの

助成内容

夫婦一組につき1回限り、自己負担額の1/2以内の額(上限5万円)

 

対象者要件(全ての要件に該当している方)

(1)検査開始日から申請日までの間、夫婦(法律上の婚姻)で、夫または妻のいずれかが市内に住所を有すること

(2)市税等の滞納がないこと

(3)検査開始日における妻の年齢が35歳未満であること

(4)補助の対象となる期間内に夫婦ともに助成対象の検査を受けていること

 補助対象期間

平成31年4月2日以降の、夫婦それぞれの検査開始日のいずれか早い日から1年間

申請方法 

下記の「申請に必要な書類等」を揃え、保健センター窓口で申請してください。

(1)不妊治療費補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)

(2)不妊治療費補助金受診等証明書(様式第2号)※医療機関が作成

(3)医療機関発行の領収書および明細書(原本をご用意ください。複写後、返却いたします。)

(4)請求書

(5)認め印

(6)その他必要な書類(ご夫婦で住所地が異なる場合等は戸籍謄本等の書類が必要です。)

 ※ページ下に「申請に必要な書類等」をPDFファイルで用意しましたので、必要時印刷をしていただき、分かる範囲で記入をし、お持ちいただいてもかまいません。見本をご参照ください。


茨城県不妊治療費助成事業については、土浦保健所(電話番号 029-821-5398)にお問い合わせください。
また,県では不妊に関する相談窓口も設けております。

◎いばらき結婚・子育てポータルサイト
http://www.kids.pref.ibaraki.jp/kids/birth01_1/

茨城県内2か所(県央・県南)において個別カウンセリング(個別相談)を実施しております。日程表はこちらを参照してください。

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

石岡保健センター 〒315-0027 茨城県石岡市杉並二丁目1番1号

電話番号:0299-24-1386 ファックス番号:0299-24-4638

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る